劇場版「AKIRA」20周年記念 ブラジルでリマスター版発売 | アニメ!アニメ!

劇場版「AKIRA」20周年記念 ブラジルでリマスター版発売

ニュース 話題

 ブラジルのフォーカス・フィルムは、今年4月に日本の劇場アニメ版『AKIRA』のブラジル版DVDを発売する。発売するのは日本では2002年10月にバンダイビジュアルがDVD収録にあたりリマスター版として発売したものである。
 日本版は特典映像や絵コンテなどを収録した「SPECIAL EDITION」だが、翌年よりシンプルな通常版も発売された。今回のブラジル版もディスク2枚の特別版と1枚の通常版の2種類が発売される。

 同様の商品は既に2001年に北米でも発売されている。しかも、商品の発売は日本よりも3ヶ月早い2001年の7月である。昨今、アニメDVDの日米同時発売の必要性が取り沙汰されるが、『AKIRA』については6年以上前にそれが実現していた。
 またこの北米版は当時の米国で非常に好調な売上を記録している。北米版DVDの発売元は、日本国内のバンダイビジュアルに対してパイオニアエンタテインメントUSA(現ジェネオンUSA)であった。

 当時パイオニアエンタテインメントUSAは、『AKIRA』のDVDが、2001年7月最後の週でDVDの全米売上枚数1位を獲得した(サウンドスキャン調べ)と発表している。
 このほか『AKIRA』のDVDは、オーストラリア版やマンガエンタテインメントによるイギリス版も発売されているが、ブラジル版は今回が初めてになる。

 現在ラテンアメリカ地域では、カートゥーンネットワークやソニーピクチャーズ系の日本アニメ専門チャンネル・アニマックスなどが積極的に日本アニメの放映を行っている。こうしたことから日本アニメの人気が高まり、アニメファンの活動も活発化している。
 今回、劇場アニメの古典とされる『AKIRA』のDVDが発売されるのは、そうした状況を見据えたものといえる。

 さらに先日ハリウッドのメジャースタジオであるワーナーブラザースが、2009年の公開を目指して『AKIRA』の実写映画化を発表したばかりである。絶好のタイミングにもなる。
 また、実写映画によりアニメ版にも再び注目が集まり、ほかの地域でも発売が広がる可能性がありそうだ。

(情報元: /PAPO DE BUDEGA

AKIRA公式サイト(バンダイビジュアル) /http://www.bandaivisual.co.jp/akira/

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集