『バイオハザードⅢ』米国週末興行首位スタート シリーズ過去最高に | アニメ!アニメ!

『バイオハザードⅢ』米国週末興行首位スタート シリーズ過去最高に

ニュース 映画/ドラマ

 日本の人気ゲームソフト『バイオハザード』シリーズを原作とする映画第3弾『バイオハザード』が、9月21日(金)に米国で劇場公開され好調なスタートを切った。
 映画は9月21日から23日までの週末3日間の興行で、2367万8580万ドルを稼ぎ出した。これは第1作の『バイオハザード』(2002年3月15日公開)のオープニング興行1770万106ドルや、第2作の『バイオハザードII アポカリプス』(2004年9月10日公開)の2303万6273ドルを上回り、シリーズ過去最高となった。

 とりわけ今回はスクリーン数が2828と前作の3284よりも少なかった。同シリーズの変わらぬ高い人気を示す力強い結果と言える。また客足が順調に推移すれば、前作『バイオハザードII アポカリプス』が持つ日本のコンピューターゲーム原作の実写映画で過去最高の最終興収も期待出来そうだ。
 『バイオハザード』は、国内では11月3日よりスカラ座などで全国ロードショーされる。

       baio3.jpg
  (C) 2007 Sony Pictures Entertainment (J) Inc. All Rights Reserved.

 近年、ハリウッドでは日本のアニメやマンガを原作とするビッグムービーの企画が相次いでいる。しかし実は、日本コンテンツ発のハリウッド大作は、日本のコンピューターゲームの方が先輩である。
 古くは1993年の『スーパーマリオブラザーズ』などもあるが、『バイオハザード』シリーズのほか、『サイレントヒル』や『ストリートファイター』などのヒット作がある。米国で最も成功した劇場アニメの『ポケットモンスター』も、もとを辿れば携帯ゲームソフトから始まっている。

 日本のコンピューターゲームの物語や構成力、それにブランドやその人気は、ゲームソフトの販売数以上に評価が高いといえる。
 『バイオハザード』のヒットにより、アニメやマンガと並んで、日本のゲームソフトは、ハリウッドのビッグムービーの原作として、今後も注目を浴びそうだ。

バイオハザード
公式サイト  /http://www.sonypictures.jp/movies/residentevilextinction/ 
11月3日(祝)よりスカラ座ほか全国ロードショー
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集