Blu-Ray版「ドラゴンボールZ」 北米で発売か?(7/22) | アニメ!アニメ!

Blu-Ray版「ドラゴンボールZ」 北米で発売か?(7/22)

ニュース 海外

 米国のアニメDVD情報サイトのアニメ・オン・DVD(Anime on DVD)は、北米のアニメDVD流通最大手のファニメーション(FUNimation)が『ドラゴンボールZ』のブロリー編を収録したBlu-Ray版を発売するとしている。
 ファニメーションからの正式な発表はないが、アニメ・オン・DVDはアメリカのインターネットDVD販売サイトのAAAアニメディストリビューションが、『Dragon Ball Z Movie Broly Double Feature Blu-Ray』の予約販売を開始したと報道している。

 AAAアニメディストリビューションが予約販売を開始したのは、ファニメーションが2007年11月13日発売するものである。そのタイトルから『ドラゴンボールZ』でも人気の高いブロリーの出てくる映画をまとめたものと考えられ、34.98ドルの価格はかなり手頃と言えるだろう。
 『ドラゴンボールZ』の映画版のDVDは既に全て発売済みで、廉価版のBOXセットのラインナップとして発売されるようだ。

 ファニメーションは、現在、『ドラゴンボールZ』の廉価版の発売を進めており、3クール収録で定価49.98ドルなどの商品が出ている。価格の魅力もあり『ドラゴンボールZ』のDVDは、2007年のベストセラーとなりそうな勢いである。
 こうした未だ衰えない『ドラゴンボールZ』の人気を、次世代ディスクのBlu-Rayにも結び付ける考えのようだ。

 アニメ作品の次世代ディスク発売は、既にバンダイビジュアルUSAがBlu-RayとHD DVDの発売を発表している。さらに、ソニーピクチャーズ・ホームエンタテイメントが先日、『鉄コン筋クリート』Blu-Ray版の9月発売を発表したばかりである。
 今回のファニメーションの発表は、これらに次ぐものとなる。ファニメーションは現在米国のアニメ映像パッケージの販売シェア1位である。Blu-Ray発売の最初のタイトルに自社の目玉商品を持ってきたことで、ファニメーションのBlu-Rayに対する意気込みも感じられる。また、ファニメーションが次世代ディスクに乗り出すことで、アメリカのアニメの次世代ディスクビジネスも拡大するだろう。

当社の関連記事
/米国ファニメーション アニメ市場で次世代ディスクに参入
/ソニーピクチャーズ 米国で「鉄コン筋クリート」Blu-ray版発売
/バンダイビジュアル 次世代ディスクを日米で強力展開

アニメ・オン・DVD(Anime on DVD) /http://www.animeondvd.com/
AAAアニメディストリビューション /http://aaaanime.com/

ファニメーション /http://www.funimation.com/

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集