川崎市民ミュージアムで韓国現代マンガ展開催(4/17) | アニメ!アニメ!

川崎市民ミュージアムで韓国現代マンガ展開催(4/17)

ニュース イベント

 ポスターや写真、マンガ、映画といった大衆芸術作品を中心にアプローチする川崎市民ミュージアムが、施設のリニューアルを終えて4月21日に本格的に再オープンをする。そのリニューアル後の第1弾の企画として「韓国現代マンガ展」を開催する。
 「韓国現代マンガ展」日本ではあまり知られることのない、1980年代以降の韓国の現代マンガを紹介する企画である。この企画はミュージアムのリニューアルに加えて、川崎市と韓国・富川市との友好都市提携10周年を記念するものでもある。会場には今回新設された企画展示室2が利用される。

 富川市は市内に大規模な漫画情報センターを持ち、富川国際コミックブックフェアーや富川国際学生アニメーションフェスティバルを開催している。韓国のなかでも特にマンガやアニメーションに力を入れていることで知られている。また、川崎市も川崎市民ミュージアムを通じたポップカルチャー分野に力を入れている。今回の企画は、両市が持つこうした持ち味を互いに活かすことで実現した。
 会場には韓国を代表するマンガ家30人の約60点の作品と韓国のキャラクターが紹介される。さらにマンガだけでなく、展示コーナーにはアニメーションルームも設けられ、韓国のアニメーションの紹介も行なう。

 また、開催期間中には韓国からキム・ドンファさん、イ・ヒジェ さん、クォン・カヤさん、イ・ビンさん、パク・ソヒさん、シン・ミョンファンさんら6人の有名マンガ家が来日をする。
 ゲストのマンガ家によるサイン会のほか、会場でマンガの制作過程を紹介するライブ・ドローイングなどが行なわれる。

 韓国は日本からの影響もあり、世界でもマンガ創作の盛んな国のひとつである。その作品は、アメリカやヨーロッパ地域にも広く輸出されているが、日本国内ではこれまで紹介されることが少なかった。
 今回の展覧会は、国内ではあまり知られることのなかった韓国マンガをまとまって観ることの出来る貴重な機会となる。また、企画に富川市漫画情報センターが参加することで、日本からの一方的な見方でない、韓国マンガ独自の文脈も知ることが出来るだろう。

韓国現代マンガ展
2007年4月21日~ 6月3日
会場: 川崎市市民ミュージアム
主催: 川崎市、富川市、川崎市教育委員会
後援: 駐日韓国大使館 韓国文化院、韓国文化コンテンツ振興院、日本マンガ学会
企画: 川崎市市民ミュージアム、韓国・富川市漫画情報センター
協力: 株式会社キャストネット、新書館、小学館
詳しくは川崎市民ミュージアムの公式サイトを確認ください。
/http://www.kawasaki-museum.jp/

/富川国際コミックブックフェアー 
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集