2月24日にニューヨークのニューヨークホテルで、日本アニメだけを対象にしたアメリカンアニメアワードの発表と授賞式が行なわれた。
 最も優れた映画とOAVを対象とするベストアニメ映画賞(Best Anime Feature (OAV))には、『ファイナルファンタジー アドベントチルドレン』が選ばれた。また、長編アニメシリーズ対象としたベストアニメ賞(長編シリーズ)には『鋼の錬金術師』が、ベストアニメ賞(短編シリーズ)には『フリクリ』が選ばれている。
 さらにベストマンガ賞では『フルーツバスケット』が選ばれている。

 『ファイナルファンタジー アドベントチルドレン』は、2006年にアメリカで劇場公開されてないものの、発売された英語版DVDの販売本数は100万枚を越えたとされている。これは他のアニメDVDの販売実績を圧倒的に引き離しているため、人気実績ともベスト作品に申し分ない。
 また、長編シリーズのベストアニメを受賞した『鋼の錬金術師』は映画賞こそ逃したが、ベストパッケージやベストテーマソング、ベストキャストなど4部門を受賞し圧倒的な強さを見せた。ベスト男性声優賞のVic Mignogna氏のあたり役も『鋼の錬金術師』のエドなので、こちらも『ハガネ』の受賞に加えていいかも知れない。

 アメリカンアニメアワードは、当初、2006年視聴可能な作品が受賞対象としたため選考に混乱が見られた。しかし、結果を見ると2006年に新作のリリースされたか、リリースが続いている作品が選ばれ妥当な選考に落ち着いたようだ。
 アメリカンアニメアワードは今後も続けて行く方針と見られる。しかし、ニューヨークコミコンを主催するリードは今年12月に新たにアニメ・マンガに特化したイベントをニューヨークで開催する予定としている。このため、アメリカンアニメアワードがそちらに移動することも考えられ、今後の行方は不明である。

《アメリカンアニメアワード受賞結果》
ベストアニメ映画賞
     『ファイナルファンタジー アドベントチルドレン』
ベスト長編シリーズ賞
      『鋼の錬金術師』
ベスト短編シリーズ賞
     『フリクリ』
ベストコメデイアニメ賞
     『フリクリ』
ベスト主題歌賞
     Rewrite (鋼の錬金術師)
ベストDVD パッケージデザイン賞
     『鋼の錬金術師』
ベストマンガ賞
     『フルーツバスケット』

ベスト男性声優賞
   Vic Mignogna(鋼の錬金術師:エド役ほか)
ベスト女性声優賞
   Mary Elizabeth(攻殻機動隊シリーズ:草薙素子役ほか)
ベスト男性声優賞(コメディ)
   Dave Wittenberg(NARUTO:カカシ役、金色のガッシュベル:ポルコ役ほか)
ベスト女性声優賞(コメディ)
   Debi Derriberry(金色のガッシュベル:清麿役ほか)
ベストキャスト
   『鋼の錬金術師』

アメリカンアニメアワード公式サイト  

ノミネート一覧はこちら 
当サイトの関連記事  アメリカン・アニメアワード 最終選考作品決定 《animeanime》