20年代~50年代の日本アニメ55作品 DVDで復活(2/13) | アニメ!アニメ!

20年代~50年代の日本アニメ55作品 DVDで復活(2/13)

ニュース アニメ

 日本のクラシックフィルムの企画・発売を行なうデジタル・ミームは、現在企画中の日本のクラシックアニメのDVD「日本アニメクラシックコレクション」の詳細を発表した。
 DVDは1920年代から50年代の日本の戦前から戦中、戦後のアニメをまとめて収録し、日本の初期のアニメを広く紹介するものである。

 今回の発表によれば、4月27日に発売されるDVDには、昭和3年(1928年)から昭和25年(1950年)までに制作された55作品が含まれる。
 作品の制作陣は、昭和初期の天才アニメーターとされる村田安司さんや毎日映画コンクールの大藤賞にも名を残す大藤信郎さん、現在の東映アニメーションの基礎を築いた日本動画の山本早苗さんなど初期の日本アニメを支えたクリエーターが名前を連ねている。

 1950年代以前の作品は、美術館の企画などでその一部を観ることはあっても、個人でじっくり観ることの出来る機会はなかった。今回のDVDは日本の初期のアニメを知るための基礎資料となりうるものであると同時に、作品を観て楽しむことにも出来る。
 また、DVDは日本語のほかに英語、中国語、韓国語の4カ国対応になっている。しかも、日本発売のDVDには珍しくリージョンコードをフリーで制作しているため、世界どの国のDVDでも視聴可能である。当初より日本の古いアニメ文化を日本だけでなく、全世界に広く紹介する目的を持っている。

 DVDの発売企業のデジタル・ミームは、文化的、芸術的に貴重なフィルムを21世紀の最新技術でデジタル化し、映画愛好家に伝えることとしている。通常の商業販売では採算を取り難い企画だが、価格はDVD4巻で12,800円(税別)に押さえられている。
 世界中を市場に長く売り続けることで採算を取ることを目指していると考えられるが、日本のアニメ文化に貢献する貴重な企画と言えるだろう。

/デジタル・ミーム 
 /日本アニメクラシックコレクション 

日本アニメクラシックコレクション [DVD4巻セット]
 作品構成:DVD4巻セット
 収録作品数:55作品
 言語:日本語
 字幕:日本語、英語、中国語、韓国語
 リージョンコード:全リージョン対応
 セット価格:12,800円(税別)
 企画・制作:株式会社デジタル・ミーム
 リリース予定日:2007年4月27日

収録される主な作品
『黒ニャゴ』 :大藤信郎
『蝶のさいなん』 :大藤信郎
『熊に喰われぬ男』 :大藤信郎
『国家 君か代』 :大藤信郎
『こぶとり爺さん』 :村田安司
『のらくろ』シリーズ :村田安司
『猿正宗』 :村田安司
『日本一桃太郎』 :山本早苗
『一寸法師』 :瀬尾光世
『ちび助物語』 :瀬尾光世
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集