ラブ&ベリー映画化決定 2007年松竹系で(10/19) | アニメ!アニメ!

ラブ&ベリー映画化決定 2007年松竹系で(10/19)

ニュース 映画/ドラマ

 セガサミーグループのセガとアニメ製作のトムス・エンタテイメント、玩具メーカーのセガトイズは、松竹と共同で『オシャレ魔女 ラブandベリー』、『甲虫王者ムシキング』の劇場アニメを製作し、来年春休みに松竹系で公開する。
 いずれもセガが展開する人気業務用カードゲームからの展開作品になる。

 『ラブ and ベリー』は女児向けに展開する業務用カードゲームで2004年に登場以降、大きな人気を獲得している。今回の映画『オシャレ魔女 ラブandベリー しあわせのまほう』は、ゲームを楽しむ女の子とその母親に共感される作品を目指すとしている。
 『ラブ and ベリー』から展開する初の劇場映画で、テレビも含めてアニメ化は初めてである。また、業務用ゲームや家庭用ゲーム機から展開する女児向けのアニメは業界でも珍しいケースである。もし、今回の試みが成功すれば劇場アニメのあらたな市場として、注目さられることになるだろう。 

 一方、『ムシキング』は今年の春までテレビ東京系でアニメ作品の放送をしていた。また、昨年冬には劇場アニメも公開されている。来年春の作品は劇場アニメ第2弾となる。 
 『ムシキング』については、2006年のテレビアニメの終了と伴に人気はピークを越えたのでないかとの声も聞かれる。しかし、新たな劇場作品に向けてゲームの人気再活性化も図られる可能性が高い。

 また、セガの展開する業務用カードゲームでは、別商品の『恐竜キング』のテレビアニメシリーズも来年春から始まる予定である。セガサミーグループは2007年には、3つの業務用カードゲームのアニメ化作品を展開することになる。

/甲虫王者ムシキング公式サイト 
/オシャレ魔女 ラブandベリー 

/セガ 
/トムス・エンタテインメント 
/セガトイズ
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集