アニメ版スターウォーズがiTuneに登場(5/27) | アニメ!アニメ!

アニメ版スターウォーズがiTuneに登場(5/27)

ニュース 海外

 アメリカの大手子供チャンネルのカートゥーンネットワーク(CN)が、いよいよ米国のiTuneミュージックストアに番組の提供を開始する。CNは、同局の人気テレビアニメーション番組『スターウォーズ クローン大戦』を5月25日からiTuneで配信を始めた。
 番組は5分シリーズの各話が1.99ドル、しかし20話からなる第1シーズン全話数だと10.99ドルとかなりお買い得になる。

 『スターウォーズ クローン大戦』はCNの目玉番組のひとつで、アニー賞やエミー賞などの受賞もあり作品への評価も高い。CNはこのほかにも『サムライジャック』や『パワーパフガールズ』などの各話30分の人気作品を抱えているが、今後のさらなる展開は不明である。
 また、同社は『IGPX』など日本アニメの権利も持っていることから、今後、CNのビジネス展開が進めば、日本アニメ初のiTune番組提供の可能性もあるかもしれない。

 CN以外の企業では、ディズニーグループが、iTuneの事業展開に積極的である。ディズニーは、これまでにもグループ企業で子供チャンネルのJETIXから日本の特撮番組戦隊シリーズの編集作品『パワーレンジャー』シリーズの番組提供を行っている。
 米国では音楽に続き、映像コンテンツのiTune配信が拡大している。とりわけテレビ番組への関心は高い。これまで映画作品に較べて販売が難しかったアニメも含めた個別テレビ番組の流通販売チャネルとして、iTune配信ビジネスの可能性は大きいだろう。

/カートゥーンネットワーク(米国)
/iTuneミュージックストア(日本)

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集