ゴールドディスク大賞 アニメ部門はデスティニー(3/11) | アニメ!アニメ!

ゴールドディスク大賞 アニメ部門はデスティニー(3/11)

ニュース アワード/コンテスト

 2005年CD売上のトップディスクを表彰する第20回日本ゴールドディスク大賞「アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤー」に、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY COMPLETE BEST』(ミュージックレイン)が選ばれた。
 日本ゴールドディスク大賞は社団法人日本レコード協会が、審査員による審査ではなくCDの売上をもとに受賞作を選ぶ賞である。数字だけをもとにした、ある意味では最もシビアな賞といえるだろう。
 つまり、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY COMPLETE BEST』が、昨年最も売れたアニメ音楽のアルバムということになる。

 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY COMPLETE BEST』は、昨年12月にミュージックレインから発売された『ガンダムSEED DESTINY』のオープニング曲、エンディング曲などのテーマソングを全て集めたベストアルバムである。
 参加アーティストは、T.M.Revolutionや玉置成実、CHEMISTRYなど、ベストアルバムならではの豪華な顔ぶれになっている。また、OP、ED映像を納めたDVDやライナノーツなども含まれおり、コレクションアイテムとしての価値も高い。
 昨年は、『ガンダムSEED DESTINY』関連ビジネスの勢いが目立ったが、ここでも『ガンダムSEED DESTINY』の強さが確認された。

 このほか、アニメ関連では、ソング・オブ・イヤーに人気アニメ『Bleach』の主題歌でORANGE RANGEの歌う『~アスタリスク~』(ソニーミュージックレコーズ)が選ばれている。
 人気歌手の楽曲とアニメ作品のコラボレーションは古くから行なわれているが、2000年代に入り参加アーティストの大型化が進んでいる。それにつれて、ヒットチャートにランキングされる曲も急激に増えている。今回、ソング・オブ・イヤーに選ばれた『~アスタリスク~』はその代表的な例といえるだろう。

/社団法人日本レコード協会 
/日本ゴールドディスク大賞  /アニメーション・オブ・ザ・イヤー

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集