ジェームス・キャメロン監督『銃夢』映画化へ | アニメ!アニメ!

ジェームス・キャメロン監督『銃夢』映画化へ

ニュース 海外

 米国の非営利法人NPRのニュースサイトのインタビューで、映画『タイタニック』や『ターミネーター2』などで知られる米国の映画監督ジェームス・キャメロンは、現在進めているプロジェクトは日本のアニメ、コミックで知られている『銃夢』であると語った。『銃夢』は木城ゆきと原作の人気コミックで1993年には監督りんたろう氏、キャラクターデザイン・作画監督結城信輝でアニメ化もされている。このアニメ版『銃夢』は、日本ではあまり話題にならなかったが『Battle Angel Alita』のタイトルで米国ではコミックと同様極めて高い評価を受けている。米国には日本であまり知られていないが、米国内では人気のあるアニメ作品はかなりあり『天地無用』、『吸血姫美夕』、『獣兵衛忍風帖』などを挙げることが出来るが『銃夢』もそういった作品のひとつである。
 キャメロン監督によるとタイトルは『バトル・エンジェル』となり、現在はプレプロダクション中で、shooting draftが完成した段階だと言う。また、監督は、このプロジェクトは大規模なSF映画になり、実写映画ではあるが主要キャラクターはCGアニメーションで作られるとも述べている。
 キャメロン監督による『銃夢』の映画化はかねてより噂されていたが、今回、監督本人の口から、現在進行中の大型プロジェクトとして言及された。映画化実現に向かって着実に進んでいることを伺わせた。日本アニメのハリウッド映画化は、企画は多いがなかなか実現に難いのが現状である。有名監督による日本アニメ(コミック)のリメイク化、是非、実現させて欲しいものである。

/NPR 
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集