「ゴースト・イン・ザ・シェル」世界最速上映会を日本で開催 スカーレット・ヨハンソンが再来日 | アニメ!アニメ!

「ゴースト・イン・ザ・シェル」世界最速上映会を日本で開催 スカーレット・ヨハンソンが再来日

ニュース

2017年4月7日公開の実写映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』のワールドプレミア開催が決定した。イベントは3月16日に新宿にて行われる。このたび、主演のスカーレット・ヨハンソンをはじめ、メインキャスト陣の来日が決定した。

世界最速上映会となるワールドプレミアには本作のキャスト陣が集結。主人公・少佐役のスカーレット・ヨハンソン、少佐が最も信頼を寄せるバトー役のピルー・アスベック、映画オリジナルキャラクターであるオウレイ博士役のジュリエット・ビノシュ、そしてルパート・サンダース監督が登壇する予定だ。
スカーレット・ヨハンソンとルパート・サンダース監督は、2016年11月開催のエクスクルーシブイベントの際にも来日し、日本のファンから熱いエールを贈られた。ピルー・アスベックは今回が初来日、ジュリエット・ビノシュは出演映画としては2009年公開の『夏時間の庭』以来、約8年ぶりの来日となる。

イベントの開催場所はまだ明かされていないが、会場は作品の世界観と日本の和がコラボレーションした演出によって彩られる予定だ。映画公開直前のワールドプレミアでキャスト陣が何を語るのか、作品はどのような仕上がりなのか。全世界の注目を集めるだろう。

本作は士郎正宗のSFマンガ『攻殻機動隊』を原作とするハリウッド映画である。1995年には押井守によってアニメ映画化され、日本だけでなく世界中にファンを持つ人気作だ。
主人公の少佐は全身義体によって悲惨な事故から一命を取り留め、サイバーテロリストを阻止するための戦士として生まれ変わった。少佐が率いるエリート捜査組織・公安9課はサイバーテロ組織と対峙していたが、あるとき彼女は記憶が操作されていたことに気づく。自分の命は救われたのではなく、奪われたのだと……。

『ゴースト・イン・ザ・シェル』
2017年4月7日全国ロードショー
(c)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 実写版「攻殻」本編映像、少佐の顔のパーツが外れる衝撃シーンも 画像 実写版「攻殻」本編映像、少佐の顔のパーツが外れる衝撃シーンも
  • 「ゴースト・イン・ザ・シェル」スカーレット・ヨハンソンのポスターを公開 画像 「ゴースト・イン・ザ・シェル」スカーレット・ヨハンソンのポスターを公開

特集