「大おじゃる丸博」4月より埼玉で開催 キービジュアルを公開 | アニメ!アニメ!

「大おじゃる丸博」4月より埼玉で開催 キービジュアルを公開

ニュース

埼玉県所在のSKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアムは、企画展「大おじゃる丸博~“まったり”のすべて~」を4月15日から9月10日にかけて開催すると発表した。実施に先立ち、展覧会のキービジュアルを公開している。

同ミュージアムは映像鑑賞や映像学習だけでなく、撮影・編集から発表までの映像制作を一貫して行うことができる施設である。一般利用者向け施設としては、こどもから大人まで映像制作を楽しく学べる“参加体験型”の「映像ミュージアム」、NHKと共同運営しており埼玉県の貴重な映像資産を見ることができる「映像公開ライブラリー」、映画上映や各種イベントを開催している「映像ホール」などが設置されている。

このたび企画展が決定した『おじゃる丸』は、NHK・Eテレにて1998年10月より放送されている作品だ。ひょんなことから現代の月光町にたどり着いたヘイアンチョウ時代の妖精貴族・坂ノ上おじゃる丸が、小学生のカズマのもとに居候しつつ賑やかに暮らす姿が描かれている。
2017年で20年目を迎えたTVアニメシリーズだけでなく、「映画おじゃる丸 約束の夏 おじゃるとせみら」のタイトルで公開された映画、マンガやゲームなどにも展開しており、過去には劇団飛行船によるマスクプレイミュージカルも上演されている。

今回「大おじゃる丸博~“まったり”のすべて~」という企画展タイトルとともに披露されたキービジュアルは、おじゃる丸の顔が全面に描かれたインパクトのあるデザインだ。どのような“まったり”が展示されるのか、ファン期待の催しとなりそうだ。

「大おじゃる丸博~“まったり”のすべて~」
会期: 2017年4月15日(土)~9月10日(日)
開館時間: 9:30~17:00 (入場は16:30まで)
休館日: 月曜日(祝日の場合は翌平日)
料金: 大人510円/小中学生250円(常設展示も観覧可能)
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「おじゃる丸」が平安時代をナビゲート、京都「時雨殿」で企画展 画像 「おじゃる丸」が平安時代をナビゲート、京都「時雨殿」で企画展
  • 「涼宮ハルヒの憂鬱」NHKで全28話再放送! 「エンドレスエイト」も 画像 「涼宮ハルヒの憂鬱」NHKで全28話再放送! 「エンドレスエイト」も

特集