布川郁司の演出・プロデュース講座「NUNOANI塾」 2017年4月より第5期スタート | アニメ!アニメ!

布川郁司の演出・プロデュース講座「NUNOANI塾」 2017年4月より第5期スタート

ニュース

布川郁司の演出・プロデュース講座「NUNOANI塾」 2017年4月より第5期スタート
  • 布川郁司の演出・プロデュース講座「NUNOANI塾」 2017年4月より第5期スタート
アニメ制作会社ぴえろの創業者 布川郁司の演出・プロデュース講座「NUNOANI塾」が、2017年4月から第5期を開講する。1月28日には入塾説明会が放送表現教育センターで行われる。

「NUNOANI塾」はアニメ映像制作の演出技術とプロデューサー力を鍛える教育プログラムとして2013年から毎年開講されている。1年間の集中講座で、毎月第2・第4土曜日に各5時間、年間100時間を超えるカリキュラムを行い、多くの人材を育成した実績を持つ。カリキュラムはプロデュース、演出、絵コンテ、ストーリーの4つに分けられており、アニメ制作に不可欠な企画の読解力や演出のノウハウを総合的に学べる。
講師陣には『アルスラーン戦記』の阿部記之、「劇場版BLEACH」シリーズでコンテ・演出を手がけた水野和則、『グイン・サーガ』の若林厚史、『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』の亀垣一と、現場の第一線で活躍するスタッフが揃った。ストーリー講座ではストーリーアーツ&サイエンス研究所代表取締役の岡田勲、そしてプロデュース講座では塾長の布川自身が教鞭をとる。ぴえろの社長としてヒット作を送り出した布川が自らの企画力を伝授する。

受講対象者はアニメ(3DCGアニメも含む)を中心とした映像関連で仕事をしているクリエイター、アニメーター、ディレクター、プロデューサーとしている。アニメ関連の教育プログラムは少なくないが、初心者ではなくステップアップを考える受講者を対象とする講座は珍しい。クラスは約15名の少数先鋭のため、より実践的な内容に踏み込んだ講座となっている。
なお実務経験がなくても一定の基礎的映像表現技術があれば入塾できる。これまでの塾生にはアニメ演出家やCGクリエイターはもちろん、マンガ家やメーカー勤務の人まで、多彩な受講者が集まった。布川は「プロデュース的な見識とディレクター的な見識は、現在どんな仕事を行っている人にも必須な事だと思います」と語っている。ビジネスを俯瞰するという意味でも役立つ講座になるだろう。

「NUNOANI塾」5期は2017年4月から2018年3月中旬まで開催。受講料は30万円(税抜)で応募者多数の場合は塾長面談を行う。5期の説明会は1月28日12時より、東京・下北沢の放送表現センター2Fにて開催。参加申込は公式サイトにて受付中だ。

「NUNOANI塾」5期生 入塾説明会
日時:2017 年1月28日(土)12:00開始(30分程度)
場所:株式会社 放送表現教育センター内 2F(東京都世田谷区北沢2-8-13)

「NUNOANI塾」5期生 募集要項
日時:2017年4月~2018年3月中旬(1年間)第2・第4土曜日13:00~18:00
募集人数:15名程度
場所:株式会社 放送表現教育センター内 2F
受講料:1年間30万円(税別)

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]