「ドリフターズ」先行上映会第3弾を開催 中村悠一、安元洋貴らが登壇し作品総括 | アニメ!アニメ!

「ドリフターズ」先行上映会第3弾を開催 中村悠一、安元洋貴らが登壇し作品総括

ニュース

TVアニメ『ドリフターズ』は12月22日、第3弾となるご当地先行上映会を東京・新宿バルト9の大スクリーンで実施した。9話から最終話までの上映後には主人公・島津豊久役の中村悠一ほか、土方歳三役の安元洋貴、キャラクターデザイン・総作画監督の中森良治、プロデューサーの上田耕行らが登壇し、作品を振り返るトークイベントが行われた。

12話を終えた感想として、中村は「見ておわかりの通り、終わっておりません!」と客席の笑いを誘いつつ、「終わった感は全然ないです」とコメント。安元も「僕はやっと始まった!と思ったら終わりました」として、会場を盛り上げた。
続く中森は「作画は大変でした…。自分以外にも闘ってくれた作監さんがいっぱいいるので、スタッフロールなどで見てくれたら、彼らも喜んでくれると思います」と語ったが、上田は「『ユーリ!!! on ICE』他のタイトルだけではなく、ドリフのことも覚えていてくれるとありがたいかなと思います。でも今年は『ユーリ』だったかな」と面白トークに走った。

話題が収録の思い出に及ぶと、安元は「なんて脂っこい現場だ」と思っていたことを告白した。さらに「黒王様御乱心」が大好きという安元の発言からトークが転がり、中村は同映像内で歌唱した楠大典から「みんなキャラソン録ってるの?」と聞かれたエピソードを披露。「たぶん作品的にそういう展開はないし、僕はどうやって歌えばいいんですか? 仮歌のあとに(薩摩弁の)ガイドが来ると思います」と返したことを明かすと、またも会場に爆笑が起こった。
一方作画について訊ねられた中森は、線の多い豊久を「いかにローカロリーで処理するかに苦心しました」といい、「平野さんの画は真っ黒に潰すとカッコ良い」ことから「動いている時は黒く塗っちゃえ!って」という裏話を展開。これにはすかさず中村から「いい意味で、ですよね?」のフォローが入った。

最後に『ドリフターズ』の今後について、上田が「原作を粛々とアニメ化していく」ことを明言。「次のオリンピックくらいに終わればいいな」と述べた。12月30日より発売となるBlu-ray BOXについても、延期のお詫びとしてドラマCDが付属することがアナウンスされた。
トークイベントは「みんなで一緒に待ちましょう」という安元と、「僕も延期したBOXを見返して、薩摩弁を忘れないように気をつけたいと思います」という中村によって、盛り上がりの中で締めくくられた。

『ドリフターズ』Blu-ray BOX
発売日: 12月30日(金)
価格: 35,000円(税別)

(C)KOUTAHIRANO/SHONENGAHOSHA/DRIFTERS製作委員会.
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「ドリフターズ」秋葉原の飲食店15店舗とコラボ 12月2日から第2弾がスタート 画像 「ドリフターズ」秋葉原の飲食店15店舗とコラボ 12月2日から第2弾がスタート
  • 『ドリフターズ』OPテーマ「Gospel of the Throttle 狂奔 Remix Ver.」が配信スタート 画像 『ドリフターズ』OPテーマ「Gospel of the Throttle 狂奔 Remix Ver.」が配信スタート

特集