バンド・デシネ「ラストマン」第2巻発売 作者来日でイベント開催 | アニメ!アニメ!

バンド・デシネ「ラストマン」第2巻発売 作者来日でイベント開催

ニュース

フランスで人気のバンド・デシネ『ラストマン』の日本語版第2巻が10月6日に発売した。発売を記念して、10月後半に作者が来日することが決定。合わせてイベントの開催も発表し、複製原画展やトークショーなどが行われる。

『ラストマン』はフランスで人気の高いバンド・デシネで、バラック、バスティアン・ヴイヴェス、ミカエル・サンラヴィルの3名がそれぞれ原作やネームを担当して描いている。物語はとある国の格闘トーナメント大会に参加する主人公の少年アドリアンと、謎の旅人・リーシャルの出会いをきっかけに、大きく展開していく。年齢も体格も全く違う二人はパートナーとなり、トーナメントを勝ち進んでいく。原作は8巻まで発売し、ゲームやアニメ展開を行っている。

この『ラストマン』の日本語版第1巻は2016年8月に発売し、続く第2巻が10月6日に発売された。発売日同日からアンスティチュ・フランセ東京ギャラリーでは、複製原画展を開催している。
発売を記念して作者3名の来日が明かされ、様々なイベントに参加することが決定。10月21日に明治大学中野キャンパスで開催される「ハイブリット格闘ファンタジーの誕生」、続く10月22日はアンスティチュ・フランセ東京エスパス・イマージュで開催される「日本の影響を受けたフランスのアニメーター世代」に登壇。このイベントには『アクエリオンEVOL』や『マクロスΔ』などのコンセプトデザインや『バスカッシュ!』の企画を立ち上げたトマ・ロマンやアニメーション・スタジオのYapiko animationを立ち上げたエディ・メホングも参加する。

さらに10月23日に東京ビッグサイトで開催される同人誌即売会「コミティア」会場内では、海外マンガフェスタが行われる。そのメインステージで、『ラストマン』作者3名と『コブラ』の作者である寺沢武一が登壇し、トークショーを開催する予定だ。

作者の来日で、日本にいるファンにとっても嬉しいイベントの連続となった。どのようなトークが披露されるのか、注目を集めそうだ。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 話題のバンド・デシネ「ラストマン」を紹介 国際交流と同人誌展【コミケ90】 画像 話題のバンド・デシネ「ラストマン」を紹介 国際交流と同人誌展【コミケ90】
  • 漫画とバンド・デシネが交差する「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」ルーヴル美術館の新たな魅力を発信 画像 漫画とバンド・デシネが交差する「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」ルーヴル美術館の新たな魅力を発信

特集