劇場版「仮面ライダーゴースト/ジュウオウジャー」初日舞台挨拶 キャスト陣が力を借りたいオリンピック選手とは? | アニメ!アニメ!

劇場版「仮面ライダーゴースト/ジュウオウジャー」初日舞台挨拶 キャスト陣が力を借りたいオリンピック選手とは?

イベント・レポート

劇場版「仮面ライダーゴースト/ジュウオウジャー」初日舞台挨拶 キャスト陣が力を借りたいオリンピック選手とは?
  • 劇場版「仮面ライダーゴースト/ジュウオウジャー」初日舞台挨拶 キャスト陣が力を借りたいオリンピック選手とは?
  • 劇場版「仮面ライダーゴースト/ジュウオウジャー」初日舞台挨拶 キャスト陣が力を借りたいオリンピック選手とは?
  • 劇場版「仮面ライダーゴースト/ジュウオウジャー」初日舞台挨拶 キャスト陣が力を借りたいオリンピック選手とは?
  • 劇場版「仮面ライダーゴースト/ジュウオウジャー」初日舞台挨拶 キャスト陣が力を借りたいオリンピック選手とは?
  • 劇場版「仮面ライダーゴースト/ジュウオウジャー」初日舞台挨拶 キャスト陣が力を借りたいオリンピック選手とは?
  • 劇場版「仮面ライダーゴースト/ジュウオウジャー」初日舞台挨拶 キャスト陣が力を借りたいオリンピック選手とは?
  • 劇場版「仮面ライダーゴースト/ジュウオウジャー」初日舞台挨拶 キャスト陣が力を借りたいオリンピック選手とは?
8月6日、『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間/劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!』が公開され、その初日舞台挨拶が丸の内TOEIで行われた。

ステージには『仮面ライダーゴースト』でメインキャストを務める西銘駿、大沢ひかる、山本涼介、柳喬之、磯村勇斗が登場。さらに、劇場版ゲストの沢村一樹、木村了、お笑いコンビ・2700のツネと八十島弘行、高山侑子に加え、諸田敏監督も登壇し、本編を鑑賞した観客らへ向けてトークヨーを披露した。

公開を迎えた感想として、西銘は「撮影が終わったのが2ヶ月くらい前。この日が待ち遠しかったです。『ゴースト』の集大成とも言える作品なので、これまで1年間、気を引き締めてやってきて良かった」とコメント。それを受けた諸田監督は「大変だったけど、撮影してて楽しかった。その楽しさが見ている人にも伝わればいいなと思います」と続けた。

木村は、自身が子どもの頃はテレビで『仮面ライダー』が放送されていなかったと回想。「作品を見させてもらい、すごく面白い世界なんだなと思いました」とその驚きを語った。そんな木村が演じるアルゴスは、仮面ライダーダークゴーストに変身するクールな役。木村もそれをふまえて抑えめな演技をしていたそうだが、諸田監督に「普段から淡白でしょ」と言われたことが印象に残っていると打ち明け、会場の笑いを誘った。

沢村は本作について、「DVDをもらっていたので、小さい画面で見てしまった」と残念そうなコメント。「映画作品ということで、やはり大画面で見た方が映える出来映えになっていると思います。テレビとはまた違った迫力があるんじゃないでしょうか」と問いかけた際には、客席から拍手が起こる一幕もあった。

そんな沢村が演じた深海大悟は、山本扮する深海マコトの父親役。山本は劇中における沢村とのかけ合いについて「自分だけでは出せないものを引っ張ってもらいました」と振り返った。

そんな山本について、沢村は「(マコトが)海で気を失ってしまうシーンがあるのですが、撮影した時は波がすごくて、山本くんも息をとめて顔を(海面に)つけているので、実はおぼれかけていた」と暴露。山本も「命の危険を感じました」と体当たりで臨んだ撮影だったことを窺わせた。

仮面ライダーへの出演が決まったと聞かされた時に、八十島は「ウソはやめてくれ!」と思ったそう。ツネは『ゴースト』の視聴者でもある自身の息子に「お父ちゃん、悪い役やで。ゴースト倒しちゃうかも知れないよ」と伝えたが、「ゴーストに勝って欲しい」と返されたエピソードを披露。また、お笑い芸人には『仮面ライダー』好きが多く、品川庄司の庄司智春が出演を羨ましがっていたとも。「裸にでも何でもなるから出させてくれ!監督に伝えてくれ!」と言っていたことを明かし、会場は笑いに包まれた。

劇場版『仮面ライダーウィザード』以来の出演となる高山は、「完全な悪役をやることはあまりない。敵だけどライダーじゃないですか」と自身が演じたジェイを説明。そんな高山が『仮面ライダー』の魅力を問われた際には「みんなの“希望”だと思います」とコメントし、客席が沸く場面もあった。

その流れで『仮面ライダー』の魅力が話題となり、柳は「御成が色んなことに巻き込まれても、結局はタケル殿が助けてくれる」とそのヒーローとしての振る舞いに言及。沢村は「怪人とのバトルの中で描かれる人間ドラマ。それに役者として関われたのは嬉しい」とコメントした。

続いてのトークテーマは、ブラジル・リオオリンピックの開催にちなんで「オリンピック選手の力を借りられるとしたら?」。西銘は100メートル10.1秒の記録を持つ陸上選手・桐生祥秀を挙げた。「強力な敵が現れた時、戦うことはもちろん大事だけど、仲間を守るためには逃げないといけない時もある。逃げ足の速さも大事だなと思いました」とその理由を説明。

大沢は「女子レスリングの吉田沙保里さん。イゴールに高速タックルをしかけたいと思っています」と、自身も戦闘に参加する気満々の発言。沢村は「僕は女子バレーボールの木村沙織さん……に会いたいです」と話し、客席からは大爆笑が。「あの高い身長で、耳元でささやくように応援して欲しい」と“沢村節”を炸裂させた。

最後の挨拶では「『仮面ライダーゴースト』と『ジュウオウジャー』から困難に立ち向かう勇気を感じて欲しい」と西銘。大きな拍手に包まれながら舞台挨拶の幕を引いた。


『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』
『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!』
8月6日(土)より全国ロードショー
《キャプテン住谷》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 「劇場版 仮面ライダーゴースト&動物戦隊ジュウオウジャー」西銘駿×中尾暢樹 主演ヒーロー対談 画像 「劇場版 仮面ライダーゴースト&動物戦隊ジュウオウジャー」西銘駿×中尾暢樹 主演ヒーロー対談
  • 「劇場版 仮面ライダーゴースト」敵ライダー・ダークゴーストのフィギュアが登場 画像 「劇場版 仮面ライダーゴースト」敵ライダー・ダークゴーストのフィギュアが登場

特集