「灰と激奏のグリムガル」朗読劇とアーティストライブが融合したスペシャルステージが展開 | アニメ!アニメ!

「灰と激奏のグリムガル」朗読劇とアーティストライブが融合したスペシャルステージが展開

イベント・レポート

(C)2016 十文字青・オーバーラップ/灰と幻想のグリムガル製作委員会
  • (C)2016 十文字青・オーバーラップ/灰と幻想のグリムガル製作委員会
  • (C)2016 十文字青・オーバーラップ/灰と幻想のグリムガル製作委員会
  • 「灰と激奏のグリムガル」朗読劇とアーティストライブが融合したスペシャルステージが展開
  • 「灰と激奏のグリムガル」朗読劇とアーティストライブが融合したスペシャルステージが展開
  • 「灰と激奏のグリムガル」朗読劇とアーティストライブが融合したスペシャルステージが展開
  • 「灰と激奏のグリムガル」朗読劇とアーティストライブが融合したスペシャルステージが展開
  • 「灰と激奏のグリムガル」朗読劇とアーティストライブが融合したスペシャルステージが展開
TVアニメ『灰と幻想のグリムガル』のスペシャルイベント「灰と激奏のグリムガル -Grimgar, Live and Act-」が、6月19日(日)、都内・かつしかシンフォニーヒルズにて開催された。
朗読劇、アニメ映像、アーティストライブが融合したスペシャルステージには、メインキャストよりルヒロ役の細谷佳正、ランタ役の吉野裕行、マナト役の島崎信長、モグゾー役の落合福嗣、ユメ役の小松未可子、シホル役の照井春佳、メリイ役の安済知佳らが登壇。さらに本作の音楽を担当したクリエイティブユニット・(K)NoW_NAMEがライブを披露した。

本イベントでは、本作ならではの音響面のこだわりを最大限に活かした演出がなされた。TVアニメでは、通常、先に制作しておいた音楽をあとから本編の映像に合わせるが、本作では各話ごとの物語や展開にあわせて音楽を作成するという形がとられていた。その持ち味を最大限表現するために、朗読劇の合間には、各話で使用された音楽の生演奏が披露された。

朗読劇では、まずハルヒロがマナトの遺した手帳を手に取るシーンが描かれる。続けて生演奏として「Knew day」「Head Wind」が挿入されると、再び朗読劇に戻り、パーティ結成直後のゴブリンとの戦闘、初めてゴブリンを手掛けた瞬間など、印象的なシーンが生の演技にて披露されていった。

その後も朗読劇と演奏が交互に展開され、イベントは進んでいく。前半部の見せ場となったのは、マナトの死に関するエピソードだ。アニメ本編でも印象的に描かれた場面だが、原作者でありイベントのシナリオも手がける十文字 青によって、より一層マナトの心の葛藤が深く描写された。

休憩を挟んで後半へ。久々の休日を経て、メリィにとってかつてのパーpティでの苦い記憶の残る、サイリン鉱山に臨む一行。アンデッドと化したかつての仲間たちとの再会や、強敵デッドスポットの襲来、仲間とはぐれたランタの孤軍奮闘、デッドスポットとハルヒロの一騎打ちなどが展開される。名シーンが続々と再現され、会場の熱気は最高潮に達した。朗読劇の最後は、ハルヒロの目線から、未来への明るい希望が語られた。

終盤には、舞台のカーテンコールらしく出演者が壇上に勢揃い。それぞれ観客に感謝の言葉を述べる。ヒロ役の細谷は「会場の皆さんと一緒に作ったステージでした」とファンに感謝の言葉を贈った。
イベントのラストは、細谷の音頭による「また、明日!」のひと言で締められた。パーティや、作品の今後に期待が高まる形で、イベントは終了した。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 「灰と幻想のグリムガル」 6月19日開催スペシャルイベントのライブビューイング決定 画像 「灰と幻想のグリムガル」 6月19日開催スペシャルイベントのライブビューイング決定
  • 「灰と幻想のグリムガル」が「Master of Epic」とコラボ ハルヒロとメリイに成りきれる 画像 「灰と幻想のグリムガル」が「Master of Epic」とコラボ ハルヒロとメリイに成りきれる