プロダクション I.Gの中心人物が語る「アニメーターを目指す君達へ」 AnimeJapan2016 後藤隆幸トークショーレポート | アニメ!アニメ!

プロダクション I.Gの中心人物が語る「アニメーターを目指す君達へ」 AnimeJapan2016 後藤隆幸トークショーレポート

イベント・レポート

 
  •  
  •  
  •  
  •  
3月25日から27日にかけて東京ビッグサイトで開催された、日本最大級のアニメ総合イベントAnimeJapan 2016。26日、27日の一般来場日には、クリエイションステージで連日、アニメ業界に関心のある人に向けた多彩なイベントが実施された。

26日には、プロダクション・アイジーの創立メンバーのひとりであり、現在でも第一線で活躍するベテランアニメーター・後藤隆幸による「アニメーターを目指す君達へ」と題した、主にアニメーターを目指す中学生、高校生を対象とした講座が開催された。

講座の説明は、日本の商業アニメーションに即した形で行われた。まずは「アニメとは何か?」という、原理的な説明からスタート。マンガやイラストとアニメの違いは、「絵が動く」こと。つまり、アニメーター志望の人が目指すのは、動かすための絵を描くことなのだ、ということがあらためて確認される。
次に説明されたのが、現在のアニメーション制作の具体的なワークフロー。絵コンテからどのように映像が作られていくか、全体の流れを解説したのち、ブロダクション・アイジーの作品『わすれなぐも』の素材を実際に見せつつ、キャラクター設定・レイアウト・原画・動画・仕上げなど、各工程を個別に解説していく。

続いて写真を見せながらのアニメスタジオ内部の紹介を経て、質疑応答コーナーへ。アニメーターの教育環境に関するものや、「美しい線を素早く引く」というアニメーターならではの特殊な技能に関する質問、はたまた、就職活動に関連した質問や、絵の上達に関する質問、アニメーターの賃金に関する質問など、質問はどれも極めて具体的かつ真剣なものばかり。時間がたっぷりと確保されていたこともあり、後藤はそのどれもに丁寧に回答していた。

最後には「自分の生きた証が映像として残る。そういうこの仕事が自分にとってはすごい好き」と、後藤のアニメーターという仕事に対する熱い気持ちが語られ、講座は終了。誠実な人柄と、内に秘めた強い思いを感じさせる語り口に、満場の客席から拍手に温かな拍手が自然と湧き起こった。

AnimeJapan 2016
ビジネスエリア: 2016年3月25日(金)~3月26日(土)
メインエリア: 2016年3月26日(土)~3月27日(日)
場所: 東京ビッグサイト
《前田久》
《前田久》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 来場者3309人 AnimeJapan 2016ビジネスエリアも活況 画像 来場者3309人 AnimeJapan 2016ビジネスエリアも活況
  • STUDIO4°C田中社長がアニメの世界を紹介 「アニメ創りの世界へようこそ!」AnimeJapan 2016レポート 画像 STUDIO4°C田中社長がアニメの世界を紹介 「アニメ創りの世界へようこそ!」AnimeJapan 2016レポート

特集