「Dimension W」梶裕貴がイベント初出演 クイズコーナーでは珍回答に困惑 | アニメ!アニメ!

「Dimension W」梶裕貴がイベント初出演 クイズコーナーでは珍回答に困惑

イベント・レポート

2016年3月26日、27日に開催されたAnimeJapan 2016。27日のBLUEステージラストを飾るイベントとして、テレビアニメ『Dimension W』スペシャルステージが開催された。
このステージには、本作でメインキャストを務めた小野大輔、上田麗奈、梶裕貴の3人が登壇。最終回を直前に控えたタイミングとあって、これまでの収録を振り返るとともに、クイズコーナーも展開、来場したファンを楽しませた。

まず話題の中心になったのは、作中で悪役として登場するハルカ・シーマイヤーを演じた梶だ。
物語の中心人物でありながら、梶が本作のイベントに出演するのは今回が初めて。出番が終盤だったため、雑誌の取材などでも作品やキャラクターについて語る機会がなかったらしく、今日の登壇を喜んでいた。
そんな梶が演じるシーマイヤーについて、小野、上田は口を揃えて「クズ」だと言い放ち会場のファンを笑わせる。もっとも梶自身も同じことを思っていたようで、「心の底からクズを演じられた」とコメントしていた。その演技に対して小野は「こんな梶君はじめてみた」と表現力の高さに驚いたエピソードを披露していた。

イベントが開催された27日は、テレビアニメの最終回放送を目前に控えたタイミング。ということで、ここからは、ファンから寄せられた質問に答えるクイズコーナーがスタートする。
第1問は「世の中に何人の回収屋がいるの?」といういきなりの難問。小野は頭を悩ませながら「コイルの数だけ」と回答すると、続く上田は日本や各大陸にどのくらいの割合でいるかを、世界地図を用いながら解説。上田の独創的な回答に、登壇者が揃って笑う一幕もあった。

2問目には、「ミラの尻尾の正体は?」という内容で、こちらは小野と梶がそろって「蛍光灯のひも」と答える。一方で上田は「おとり」と答え、どんな意味が込められているのかと、またも登壇者を困惑させる。
そんな中で小野はノリノリで、おとりとなったミラの尻尾に誘われるキョーマ、という寸劇まで披露してみせた。

ラストの3問目は「ハルカの名前の由来と、年齢は?」というもの。続けざまの難問で、結局誰も正解を導き出せない結果に終わってしまう。
ちなみに3問目の正解は、名前は響きがよかったから、年齢は22歳くらい、と大雑把なもので3人は一様に「これは分からないよ!」と漏らしていた。

その後行われた作品情報のコーナーでは、8月26日発売のBlu-ray第6巻に新作OVAの収録が発表。どんな内容になるのかキャスト陣も知らないそうで、小野からは「コオロギの恋の話が見たい」との要望も飛び出していた。
最後にはキャスト全員が最終回の見どころと、会場に駆けつけたファンへの感謝の気持ちを述べた。その中で小野は「役者として、なんて幸せなんだと思える現場でした」とこれまでを振り返ると、会場からは温かい拍手が送られていた。

AnimeJapan 2016
ビジネスエリア: 2016年3月25日(金)~3月26日(土)
メインエリア: 2016年3月26日(土)~3月27日(日)
場所: 東京ビッグサイト
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • アニメ「ちはやふる」ステージに瀬戸麻沙美、浅香監督、中谷プロデューサーが登壇【AJ2016レポート】 画像 アニメ「ちはやふる」ステージに瀬戸麻沙美、浅香監督、中谷プロデューサーが登壇【AJ2016レポート】
  • Cygamesがアニメ制作スタジオを設立 AnimeJapanの制作クロストークにて発表 画像 Cygamesがアニメ制作スタジオを設立 AnimeJapanの制作クロストークにて発表

特集