「デスノート 2016」東出昌大が演じるデスノートヲタクの主人公の新たな場面写真公開

ニュース

2006年に公開された劇場版『DEATH NOTE』、『DEATH NOTE the Last name』の正式続編となる『デスノート 2016』で東出昌大が演じる三島創の新たな場面写真が公開された。三島が厳しい顔で捜査に臨んでいる場面で本編の緊迫感が伝わってくるシーンだ。

『DEATH NOTE』は2003年に原作・大場つぐみ、作画・小畑健により「週刊少年ジャンプ」で読み切りが掲載され、同年12月から2006年5月まで連載されたヒット作だ。全12巻で累計発行部数3000万部を記録。2本の実写映画化以外にもアニメ化され、2015年にはTVドラマ化されるなどメディアミックスも多数行われた。

本作の舞台はデスノートを駆使して世の中に野放しになっていた凶悪犯を次々と死に追いやったキラこと夜神月(藤原竜也)と命をかけてキラを食い止めたL(松山ケンイチ)との天才同士の対決から10年を経た世界。東出演じる主人公の三島は10年前に起きたキラ事件と総一郎の資料から夜神月について徹底的に調べあげ、“研究ノート”を作成。対策本部一、“デスノートヲタク”と呼ばれるほど「事件とルール」に精通している人物。しかし、名前を書かれれば死ぬデスノートの対策のため三島を始め捜査チームのメンバーは全て偽名の上、本名や過去の経歴を知られないように、家族のいない人間が選抜されている。
池松壮亮演じるLの正当後継者を名乗る竜崎や菅田将暉演じるサイバーテロリストの紫苑優輝など一筋縄でいかないキャラクターたちが本作では壮絶なノートの争奪戦を行う。主人公の三島がこの一筋縄ではいかない登場人物たちとどう絡んでいくか興味がつきない。

10月29日に公開される『デスノート 2016』。まだまだ続報もあるようなので、新たな情報の公開が待たれる。

映画『デスノート 2016』 
公開日:10月29日(土)

原作:「デスノート」大場つぐみ・小畑健 集英社ジャンプコミックス刊 
制作プロダクション:日活/ジャンゴフィルム 
配給:ワーナー・ブラザース映画
監督:佐藤信介 
脚本:真野勝成

(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 
(C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
《尾花浩介》

編集部おすすめの記事

特集