「キャプテンフューチャー」初パッケージ化 NHK放送のスペースオペラのBD-BOX発売

ニュース

SFアニメ『キャプテンフューチャー』が2016年に還ってくる。本作のBlu-ray BOXが、2016年に発売されることになった。
東映アニメーション、東映ビデオより第1巻が9月14日、第2巻11月9日にリリースされる。本作がパッケージ化されるのは今回が初だ。

『キャプテンフューチャー』は米国のSFの巨匠エドモンド・ハミルトンの傑作スペースオペラを原作に東映動画(現・東映アニメーション)がアニメーション制作した。『未来少年コナン』に続くNHKの長編シリーズとして、1978年11月から1979年12月まで1年間にわたりNHKで放送された。
主人公は生物学者ロジャー・ニュートンを父に持つカーティスことキャプテンフューチャー。彼が宇宙を舞台にその驚異的な知識と身体能力を武器に、科学を不正な目的で利用しようとする悪と戦う。

日本のみならず、ヨーロッパでも人気を博した本作だが、これまでパッケージ化はなく、再放送の機会も限られていた。38年の時を越えてのBlu-ray BOXは、ファンにとっては朗報となるだろう。
今回はSD素材を元にアップコンバートを実施、最新のHD化を行った。テレビシリーズ本編に加えて、1978年の大晦日に放送されたテレビスペシャル「華麗なる太陽系レース」(60分)、1979年3月公開の東映まんがまつり劇場版(24分)を収録しているのもうれしい。

『キャプテンフューチャー』はスタッフも見逃せない。原作は世界的に知られたエドモンド・ハミルトンのSF小説、チーフディレクターは東映アニメーションを代表する演出の勝間田具治、メインライターは辻真先、キャラクター設計を野田卓雄、音楽は大野雄二など豪華なスタッフが集結している。
キャストには広川太一郎をはじめ、増山江威子や緒方賢一などこちらも錚々たる顔ぶれが魅力的なキャラクターたちを演じている。

Vol.1、Vol.2、2巻共通の封入特典としてブックレット、そして近年東映ビデオより発売されるスーパーロボット系のDVDジャケットを手掛ける越智一裕特製描き下ろしジャケット&アウターケースがつく。
幻の作品と謳われた本作。初回生産限定となっているので手に入れる場合は、予約が確実だ。

『キャプテンフューチャー』 Blu-ray BOX
VOL.1(第1話~第24話収録)  VOL.2(第25話~第48話収録)
[VOL.1、VOL.2共通特典]
封入特典:ブックレット 越智一裕描き下ろしジャケット&アウターケース
[VOL.1特典]
■ボーナスディスク
TVスペシャル「華麗なる太陽系レース」(1978年12月31日放映/60分)
東映まんがまつり劇場版(1979年3月公開/24分)※TVスペシャルの再編集版
各28,000円+税
COLOR/本編 VOL.1:672分(予定)、VOL.2:784分(予定)/VOL.1:2層4枚+ボーナスディスク1層(予定)、VOL.2:2層5枚/リニアPCM(モノラル)/4:3【1080p Hi-Def】※一部16:9【1080i Hi-Def】/VOL.1:24話収録+TVスペシャル+劇場版、VOL.2:28話収録
(C)東映アニメーション

《尾花浩介》

編集部おすすめの記事

特集