「双星の陰陽師」TV放送、テレビ東京系水曜日夕方に決定

ニュース

「ジャンプSQ.」(集英社)にて助野嘉昭が連載中の人気マンガ『双星の陰陽師』がテレビアニメ化される。製作決定以来、話題を呼んできた本作の放送時間がこのほど明らかになった。テレビ東京系にて2016年4月6日(水)より、毎週水曜18時25分からスタートする。
新作テレビアニメは数多いが、競争が激しい夕方帯で放送枠は数少ない。『双星の陰陽師』を多くの子どもたちに届けたいと狙いが窺える。2016年4月の期待作と言っていいだろう。

放送時間の決定と共にキービジュアルを発表された。双星の陰陽師こと焔魔堂ろくろと化野紅緒のふたりが正面に構え、それを主要キャラクターたち、悠斗、繭良、清弦、士門が取り囲む印象的なシーンとなっている。
とりわけ注目したいのは、紅緒の足元に描かれた式神「きなこ」だろう。きなこはアニメだけに登場するオリジナルキャラクター。紅緒に使役する存在だ。声を人気声優の福山潤が担当、その可愛らしいデザインと対照的にコテコテの関西弁を話すという。福山潤の演技が楽しみになるだろう。

さらに テレビ放送に先駆けて、3月26日と27日の2日間はアニメ総合イベントのAnimeJapan 2016でイベントを開催する。メインエリアのエイベックス・ピクチャーズブースに設けられたステージでイベントを実施する。
豪華キャストが主演するとしている。詳細は後日発表とのことだが、今後の情報から目が離せない。

『双星の陰陽師』は、2013年12月号より連載中のバトルアクション・ファンタジー。アニメでは中学生の少年である焔魔堂ろくろが、陰陽師の少女の化野紅緒と異世界のから人間世界にやってくるケガレと戦っていくところを描く。
そして2人に与えられた称号”双星の陰陽師“は、ケガレと人間の戦いを終わらせる神子を生む使命が込められている。二人は反発しながらも夫婦として生活する。ハードなアクションにラブコメ展開も加えた幅広さが人気の秘密だ。



テレビアニメ『双星の陰陽師』 公式サイト
http://www.sousei-anime.jp
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集