「おじさんとマシュマロ」のマシュマロクッキングをアレンジ アニメシ作ってみた第6回 | アニメ!アニメ!

「おじさんとマシュマロ」のマシュマロクッキングをアレンジ アニメシ作ってみた第6回

連載・コラム

「おじさんとマシュマロ」のマシュマロクッキングをアレンジ アニメシ作ってみた第6回
  • 「おじさんとマシュマロ」のマシュマロクッキングをアレンジ アニメシ作ってみた第6回
  • 「おじさんとマシュマロ」のマシュマロクッキングをアレンジ アニメシ作ってみた第6回
  • 「おじさんとマシュマロ」のマシュマロクッキングをアレンジ アニメシ作ってみた第6回
  • 「おじさんとマシュマロ」のマシュマロクッキングをアレンジ アニメシ作ってみた第6回
  • 「おじさんとマシュマロ」のマシュマロクッキングをアレンジ アニメシ作ってみた第6回
  • 「おじさんとマシュマロ」のマシュマロクッキングをアレンジ アニメシ作ってみた第6回
アニメのキャラクターや風景、作中に出てくるごはんなど、アニメに関する様々なものを料理で再現するこのコーナー。第6回は、今期のシュールな4分アニメ『おじさんとマシュマロ』、通称“おじマシュ”から。上司である日下幅広のことが大好きなOL若林伊織。若林は、いつも日下さんの大好物である「食べっこマシュマロ」を持ち歩き、日下さんの気を引こうとしている。
そんな本作2話~5話の最後には、マシュマロレシピを紹介する“工場の先輩・後輩の○秒スーパーマシュマロクッキング”と題された短い料理コーナーが設けてあり、簡単に作れるマシュマロレシピが紹介された。
もうすぐホワイトデーということで、今回はこのマシュマロクッキングで紹介された中から「マシュマロonトースト」と「焼きマシュマロ(レア)」を、ちょっとおしゃれにカスタマイズしてみようと思う。

■マシュマロonトースト(第2話)

まずはマシュマロクッキング通りの「マシュマロonトースト」。食パンのシンプルな味にマシュマロの甘さが美味しい! これはこれで手早く作れていいのだが、よりおしゃれさを出すために、カップ型に変えてみた。材料は、食パンとマシュマロ、カップに塗るオリーブオイルのみ。

耳を切り落とした食パンを麺棒等で薄く潰し、オリーブオイルを塗ったカップに入れる。

食パンの上にマシュマロを入れ、オーブントースターで焼いて型から外せば完成。さすがに生地が食パンなので、お返しに渡すのはおすすめできないが、家に呼ぶなどその場で提供できそうな場合は、さっと作ると話題にできそう。

■続いて、焼きマシュマロ(レア)(第5話)

こちらもまずは、TVで紹介されたものと同様の「焼きマシュマロ(レア)」。IHで炙れないし、ガスバーナーなんてない!という場合は、100円ショップに売っているライター等で炙ってもOK。こんがり香ばしく、マシュマロが口の中でふわっと溶ける。

こちらは、サンドにアレンジ。材料は、マシュマロ、クッキー(市販のものでOK)、ホワイトチョコレート。
まずはマシュマロを炙り、熱いうちにクッキーの間に挟んで潰す。

焼きマシュマロを挟んだクッキーに、溶かしたホワイトチョコをかけ、冷蔵庫で冷やし固めれば完成。甘いもの尽くしだが、マシュマロを炙ったことでほのかに苦みも加わっているので、ただ甘いだけではないのが嬉しい。こちらは、友チョコ等のお返しとしても使えそう。

どちらもTV同様、簡単レシピの域を出ないお手軽レシピなので、お菓子なんか作ったことない!という人でも安心してトライできる。ホワイトデーのお返しや、ちょっとした時のお菓子に、ぜひとも作ってみてほしい。
ただし、ホワイトデーのマシュマロには「あなたが嫌い」という意味もあるので、誰かに渡す場合は本命は避けて、「マシュマロいるっすか?」くらいの渡し方にするのが賢明かもしれない。

【月乃雫】
アニメ、料理ライター 兼 料理研究家。「ダ・ヴィンチニュース」やこの「アニメ!アニメ!」、企業の会報誌などで原稿を書いたり料理をしたりしています。
《月乃雫》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 「灰と幻想のグリムガル」の見習い章&団章チョコ アニメシ作ってみた第5回 画像 「灰と幻想のグリムガル」の見習い章&団章チョコ アニメシ作ってみた第5回
  • 新年はこの4人と!“ゆるゆりおせち” アニメシ作ってみた・お正月特別編 画像 新年はこの4人と!“ゆるゆりおせち” アニメシ作ってみた・お正月特別編

特集