「遊☆戯☆王ARC-V」トークショーに 1100人 小野賢章ら生アフレコにファンが集結

ニュース

『遊☆戯☆王ARC-V』スペシャルトークショー 左から、高木心平、高木万平、小野賢章、園崎未恵、金城大和 (c)高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS
  • 『遊☆戯☆王ARC-V』スペシャルトークショー 左から、高木心平、高木万平、小野賢章、園崎未恵、金城大和 (c)高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS
  • (c)高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS
2月21日、テレビアニメ『遊☆戯☆王ARC-V』のスペシャルトークショーが横浜みなとみらい ランドマークプラザ ガーデンスクエアにて開催された。映画『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』の4月23日公開が迫るなかでのイベントだ。
会場には榊遊矢/ユーリ役の小野賢章、ユート役の高木万平、ユーゴ役の高木心平、紫雲院素良役の園崎未恵、黒咲隼役の金城大和が登壇。「遊☆戯☆王」誕生20周年を記念したイベントを盛り上げた。

まずはキャスト陣が挨拶、さらにそれぞれが演じるキャラクターの決めゼリフを披露。ファンからはコールが巻き起こり、オープニングから大盛況を見せた。そんな楽しい雰囲気の中、キャスト陣はキャラクターへの想いや今後の展開への意気込みを語った。
続いてイベントのメインとなる生アフレココーナーがスタート。テレビアニメ本編とは少し異なるスペシャルバージョンでの掛け合いは、イベントでしか聞けない貴重な内容となった。

プレゼント抽選会ではお馴染みの「ドロー!」の掛け声で抽選箱からカードをひき、キャラクターデザイン・横田明美の直筆イラスト色紙や、キャスト全員のサイン入り番組ポスターなどがプレゼントされた。
最後は会場に集まった1100人のファンに向けてメッセージを伝え、スペシャルステージを締めくくった。

4月23日公開の劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』がは原作者・高橋和希が製作総指揮を務めた20周年記念作品。ファンの期待を集めている。
公開に先駆け、横浜ランドマークタワーでプレゼントキャンペーン、よこはまコスモワールドで謎解きイベントが決定するなど、みなとみらい地区が『遊☆戯☆王』一色に染まることも明らかになった。続報を見逃さないようにしたい。
[高橋克則]

『遊☆戯☆王ARC-V』
(c)高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS

『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』
4月23日公開
(c)高橋和希 スタジオ・ダイス/2016 劇場版「遊☆戯☆王」製作委員会
《高橋克則》

編集部おすすめのニュース

特集