映画「テラフォーマーズ」 山田孝之演じる蛭間一郎の変異直前映像公開

ニュース

(C)貴家悠・橘賢一/集英社 (C)2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会
  • (C)貴家悠・橘賢一/集英社 (C)2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会
映画『テラフォーマーズ』が4月29日に全国公開する。豪華キャストでの人気マンガ映像化は、多くの話題を集めている。そうしたなかで注目のキャストの一人である山田孝之にフォーカスした新たな映像が公開された。山田は『クローズZERO』や『GANTZ』などマンガ原作に出演しマンガファンにもお馴染みだ。
ここでは山田孝之演じる蛭間一郎が、人ならざるものに変異する直前までが見せている。映像はCGが未完成としているが、すでに迫力十分だ。

『テラフォーマーズ』は「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載する人気マンガ。累計発行部数1400万部を突破し、テレビアニメ第2期『テラフォーマーズ リベンジ』が2016年4月より放送される。
そうしたなかでの実写映画化は大きく話題となっている。人気俳優に海外ロケ、そしてビジュアルや予告編は公開するたびに注目を集めた。

今回公開された映像は山田孝之が演じる蛭間一郎のワンシーン。テラフォーマーと対面してしまった蛭間が、昆虫細胞活性剤を自らに打つまでが公開されている。
バグズ2号に乗っているメンバーは、「虫をもって虫を制す」と、昆虫の特性を人間に投入するという「バグズオペレーション」を受けている。蛭間一郎は「ネムリユスカ」の能力を持っている。この昆虫は、水分の足りない環境に置かれると仮死状態になり、防御形成を取る。水分を与えられると復活するという珍しい体質。映画ではどんな姿で登場するのか気になるところである。

演じる山田孝之は「実際の生活で、例えば車で事故に合って危険な瞬間に“グッ”と変身できればいいですけど、すぐ水分を飛ばすこともできないし、事故の後には既に“仮死状態”になっているから、身体からたまたま血が出たりすれば良いですが、周りに水分がなかったら“仮死状態”のままです。死んではないけど、復活もできないのでなんか微妙ですよね(笑)」とコメントしている。



『テラフォーマーズ』
4月29日(祝・金)全国ロードショー
(C)貴家悠・橘賢一/集英社 (C)2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会
《animeanime》

編集部おすすめのニュース

特集