劇場版「牙狼〈GARO〉‐DIVINE FLAME‐」 浪川大輔、朴ロ美、堀内賢雄から動画メッセージ | アニメ!アニメ!

劇場版「牙狼〈GARO〉‐DIVINE FLAME‐」 浪川大輔、朴ロ美、堀内賢雄から動画メッセージ

ニュース

(C)2016「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社
  • (C)2016「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社
  • (C)2016「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社
  • (C)2016「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社
  • (C)2016「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社
  • (C)2016「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社
  • (C)2016「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社
  • (C)2016「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社
  • (C)2016「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社
2016年5月に劇場版『牙狼〈GARO〉‐DIVINE FLAME‐』が公開される。本作は、特撮ドラマ、劇場映画をはじめ様々なメディア展開を続ける「牙狼〈GARO〉」シリーズの劇場アニメだ。
2014年秋から半年わたり放送され好評を博した『牙狼〈GARO〉-炎の刻印-』と同じ世界を舞台にした完全新作の劇場作品である。
舞台となるのはヴァリアンテ王国。『炎の刻印』の物語から4年の月日が流れている。レオンは黄金騎士「牙狼」の称号を受け継いでいた。そんなレオンに隣国バゼリアに巣食う最も美しいと言われているホラーの討伐指令が下る。

本作のみどころのひとつが、前作よりやや大人びた姿のレオンやアルフォンソ、エマ・グスマンといったキャラクターたちだ。一方キャスト陣は『炎の刻印』に引き続き、日本を代表する声優陣達が務めている。
レオン・ルイス役に浪川大輔、アルフォンソ・サン・ヴァリアンテ役に野村勝人、エマ・グスマン役に朴ロ美、ヘルマン・ルイス役に堀内賢雄といった顔ぶれだ。一回り成長したキャラクターたちをいかに演じるのか、映画公開が待たれる。

そうしたなかで、浪川大輔、朴ロ美、堀内賢雄の3人が本作にかける意気込みを語った。その言葉が、動画にて公開されている。映画の内容はまだまだ秘密なことも多いが、その意気込みの高さがたっぷりと伝わって来る。作品への期待を高めるのに十分だろう。


「牙狼〈GARO〉」シリーズは、雨宮慶太が生み出したヒーロー。2005年に誕生し、公開から10年を迎えた。その世界はますます広がりをみせ、ファンを拡大している。
劇場版『牙狼〈GARO〉‐DIVINE FLAME‐』では、新設スタジオながら『残響のテロル』『坂道のアポロン』など次々に傑作を世に届けるMAPPAがアニメーション制作を担当した。その美しい映像も本作の見どころのひとつである。
監督はテレビシリーズ『牙狼〈GARO〉-炎の刻印-』に引き続き林祐一郎、脚本は『進撃の巨人』『ジョジョの奇妙な冒険』などの小林靖子と、アニメ界を代表する顔ぶれが揃う。映画公開が待たれる。

劇場版『牙狼〈GARO〉 -DIVINE FLAME-』
2016 年 5 月 新宿バルト 9 他全国ロードショー
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 「牙狼〈GARO〉-DIVINE FLAME-」2016年5月公開 新ビジュアル、特報、新規カットを発表 画像 「牙狼〈GARO〉-DIVINE FLAME-」2016年5月公開 新ビジュアル、特報、新規カットを発表
  • 「牙狼」10周年を祝ってトップクリエイター集結 アニメ最新情報も明らかに 画像 「牙狼」10周年を祝ってトップクリエイター集結 アニメ最新情報も明らかに

特集