KADOKAWA、カプセルトイ新レーベル“KCAL”を設立 「企画力をだけを重視」!

ニュース

KADOKAWAが、カプセル玩具の企画・開発に参入する。カプセルトイ売場向けの新規レーベル「KADOKAWA CAPSULE ARTIST LABEL」(KCAL)を立ち上げる。
第1弾は2016年5月中旬にリリースする「僕は隠崎の顔を見たことがない」。その後も数々の個性的な企画を用意するほか、新たな才能を発掘する新人賞の開催も予定している。

KCALはキャラクターフィギュアが中心となる。取り上げる題材は様々なジャンルのクリエイターとタッグを組むことで生まれる。オリジナルキャラクターを送り出していくという。
また“企画力をだけを重視したプロジェクト”を掲げるのがユニークだ。キャラクターデザイナーやイラストレーターはもちろん、歌手や芸人などトイ分野に進出経験のない人であっても企画が面白ければプロデュースする方針だ。さらに今夏には新人賞の開催も予定しており、トイでデビューを目指す才能を発掘する。

第1弾「僕は隠崎の顔を見たことがない」は、絶対に顔を見せてくれない女子高生・隠崎(かくれざき)さんの学園生活を表現した顔面妄想フィギュアだ。5月中旬にカプセルトイにて発売予定で、6月中旬にはボックス版もリリースする。
さらにトイ分野では異例のプロモーションも展開する。まずテーマソングとしてアーティスト・MIRUによる「パラレルらぶ」が配信限定で今春発売予定。キャラクターの可愛らしさと最先端の音楽性が融合した楽曲に仕上がっている。学校を舞台にした実写PVも制作中で、ネット配信や店頭での放映を予定している。

KCAL 統括プロデューサーの成田耕祐は「カプセルトイ売り場は、オリジナル企画を歓迎してくれる特殊な環境です。多くの才能あるクリエイターや、企業勤めのごく普通の会社員が生んだ企画が当たり前のように表現される素敵なこのエリアにおいて、あらゆるクリエイターとともに新しいキャラクターを創出したいと考えています」とレーベルの立ち上げ理由を語る。
そして「絵が描けない、造形分野に明るくないなど部分的な経験値の無さは全く気にしません。我々がその人に合わせた最適なバックアップを行います。とにかく面白いと思える企画を持ち合わせた方をKCALは全力でプロデュースさせて頂きます」と呼びかけている。
[高橋克則]
《高橋克則》

編集部おすすめの記事

特集