「X-MEN:アポカリプス」16年8月全国公開 アポカリプスのビジュアルが明らかに

ニュース

「X-MEN」シリーズ最新作『X-MEN:アポカリプス』の国内公開日が決定した。2016年8月にTOHOシネマズ スカラ座にて全国ロードショーとなる。
それにあわせて、ポスターと予告編も発表。史上最強のミュータント・アポカリプスのビジュアルとストーリーの一部が明らかになった。

『X-MEN:アポカリプス』は文明の誕生以前から神として君臨していたアポカリプスとX-MENの戦いを描いた物語である。シリーズ過去5作品を締めくくる集大成で、かつてないバトルを描く。
ポスターにはアポカリプスが大きく映し出され、「黙示録。それは、世界を終わらせる神」という印象的なキャッチコピーが添えられている。その黙示録が現実となり、現代文明は終末を迎えてしまうのだろうか。


アポカリプス役は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のオスカー・アイザックが担当。彼が率いる黙示録の四騎士の一人・マグニートー役はマイケル・ファスベンダー、ミスティーク役はオスカー女優のジェニファー・ローレンスとこれまでのシリーズから続投した。
予告編のラストでは、エグゼビアに扮するジェームズ・マカヴォイがプロフェッサーXと同じような見た目で映し出されている。豪華キャスト陣の共演も大きな見どころだ。
監督は『X-MEN:フューチャー&パスト』など多くのシリーズに携わってきたブライアン・シンガーが務める。プロデューサーのサイモン・キンバーグは「シリーズの中で最大の作品になるよ。これまでにないような大胆な設定で、世界全体が破滅の危機にさらされるという物語なんだ。そして、シリーズ中最高の感動作になると思う」と太鼓判を押した。
[高橋克則]

『X-MEN:アポカリプス』
2016年8月 TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー
(c)2016 MARVEL & Subs. (c)2016 Twentieth Century Fox
《高橋克則》

編集部おすすめの記事

特集