映画「猫なんかよんでもこない。」 マンガ家・杉作インタビュー“猫が人生を変えたと思う”

インタビュー

チンとクロの猫2匹と冴えないボクサーのミツオを描いた、風間俊介主演の映画『猫なんかよんでもこない。』が全国公開された。原作者の杉作さんによるエッセイ漫画を実写化したもので、主人公が成長していく心あたたまる物語はもちろん、画面を縦横無尽に駆け巡る猫たちも魅力の同作。
作者の杉作さんに、猫への想いや映画公開に際しての心境などを伺った。
[取材・構成=川俣綾加]

『猫なんかよんでもこない。』
2016年1月30日(土)公開
http://nekoyon-movie.com/

■ 自分を描いた漫画が売れるなんて思わなかった

──とうとう映画が公開となりました。映画化が決定した時はどう感じましたか?

杉作さん(以下、杉作)
最初は本当だと思っていなかったんですよ。これまでにもそうした企画があって、途中でなくなってしまったこともあるのであんまり喜んじゃいけないかもと思って(笑)。もう一つは、実写なので想像がつかないというのがありました。猫は犬のようにいうことを聞かないし、一体どうしたら実写にできるのだろうと。

──撮影現場では、出演猫であるチン役ののりこちゃん、クロ役のりんごちゃんにも会いましたか?

abesan杉作
現場を見学させていただいて、猫ちゃんとも触れ合いましたよ。大勢のスタッフがいる中でりんごちゃんものりこちゃんもよくあれだけ動けるなと。スタッフはスタッフで、2匹が逃げないよう囲ったりと大変だなと思いました。

──猫は本当に思い通りに動く生き物ではありませんよね。大勢の見知らぬ人間に囲まれてよくあんなにのびのびと動けるなと感心しました。

杉作
山本透監督もそのあたりはすごく苦労されたみたいですね。うちで飼っているポコだったら絶対にダメだろうななんて思います(笑)。猫であり役者であるなんて本当にすごいです。

──風間俊介さんが杉作さんの役を演じていますが、ご覧になっていかがでしたか?

杉作
やっぱりカッコイイ。何をしていても絵になるし、それでいてすごく自然体。まさに好青年という感じです。役者さんとお話しするなんて滅多にない機会なので、風間さんとお話した時は緊張してしまってボソボソとした喋りになってしまった一方で、風間さんは腹から声がでているというか、第一声でピシッときまる。声からして僕みたいな人間とは全然違いました(笑)。素敵な役者さんです。

──山本監督とはこれまでにもトークショーなどでご一緒する機会が多かったかと思います。どんな印象を受けましたか。

杉作
最初は「映画監督」というだけで怖いイメージでした。撮影現場の鬼みたいな、威圧感たっぷりの。でもあとから聞いたら、向こうは向こうで僕みたいなボクサーくずれのことを「くだらないこと言ったら殴られるかもしれない」と思っていたらしくて(笑)。山本監督には作品づくりにおいて学ぶべきところがたくさんあって、これまでにも考え方や姿勢について色々と聞けたのはすごくよかったです。

──山本監督がなぜ『猫なんかよんでもこない。』を映画にしようと思ったか、聞いてみたことは?

abesan杉作
ありますよ。山本監督が原作を紹介されて読んでみたらしいんです、監督も猫が好きなので。「ダメな奴を描くのが好きだ」とおっしゃっていて、僕のダメなところもいっぱい描いてあるのでその通りだなって。

──『猫なんかよんでもこない。』は、杉作さんにとってどんな作品ですか。

杉作
全然こんなに読んでもらえるとは思っていませんでした。正直売れないと思っていましたから……(笑)。自分が主人公だということに抵抗もあったし、こんな自分を描いて面白いのかな? と不安で。でも結果は違った。関係者のみなさんが売れるよう支えてくれたので感謝の気持ちでいっぱいですね。同時に、意外だなという気持ちもあります。

──ファンからの反響はどんな感じでしょうか。

杉作
自分に会えて嬉しいと言われるいまだに戸惑います(笑)。こんな自分で申し訳ないというか。でも飾らずにストレートに漫画を描いたのがよかったのかなとも思います。

──チンとクロとの色々な出来事をやんわり表現したりせず、まっすぐに描いていると感じました。

杉作
一番大きいですよね。飼い猫が病気になるであるとか、とても大きな出来事だったことやつらかったことがそのまま漫画に描いてあるって共感する人もいれば嫌だと思う人もいるはずなんですよ。過去のつらい思い出が蘇ることもあるんじゃないかなと。でも僕は避けて通れないと思ったのでそのまま描きました。

──杉作さんにとって猫はどんな存在ですか?

杉作
猫がいなかったらたぶん漫画家になっていないです。猫が人生を変えたと思います。いま飼っているポコには原稿の邪魔をされたり色々とされていますけどね(笑)。いるのが当然というか、最近は野良猫とも仲良しですよ。自然と猫に目が向くようになってきて。「キャー! かわいい!」と猫かわいがりしている感じでもありませんが、自然とそばにいるみたいな。家にいるとポコには必ずあとをつけられていますからね。ポコが寝ている時にトイレにいくと、寝ぼけながらついてくるんですよ。よくやるなと思いつつ、そういうのはなんだかんだでかわいいですね。

──もしも自分の周りから猫がいなくなったとしたら?

abesan杉作
どうなるんでしょうね、あまり考えたことがないです。また自分で拾ってきちゃうかもしれません。なんだかんだで、道端に猫がいたらほっとけないので。

──猫の好きな部位や、気に入ってることがあれば教えてください。

杉作
どこだろう? ひっくり返してお腹をなでていると自分も気持ちいいですね。たまにポコのほっぺに自分の頬をぐりぐりしたりとか……向こうは嫌がっているみたいですけど(笑)。

──最後にメッセージをお願いします。

杉作
映画になった時点で別の方の作品という気持ちもあり、そういう意味で僕自身は1人の観客として楽しみました。ストレートな面白さがあると思うので、そこを楽しんでいただければと思います。映画を観た人の中には原作はまだ、という方もいるはず。原作は映画とは違った楽しさがあるので、ぜひ読んでください。

――ありがとうございました。   



(C)2015杉作・実業之日本社/「猫なんかよんでもこない。」製作委員会
《川俣綾加》

編集部おすすめの記事

特集