ゆうばり映画祭2016 「セーラー服と機関銃-卒業-」橋本環奈らの参加が決定

ニュース

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016は、2月25日から29日にかけて行われる。今回は新たに、特別招待作品部門『セーラー服と機関銃 -卒業-』で映画初主演を飾る橋本環奈、フォアキャスト部門『アルビノの木』に出演する長谷川初範の参加が決定した。

橋本環奈は1999年生まれの16歳。2013年に天使すぎるアイドルとして注目を集め、『セーラー服と機関銃 -卒業-』で映画初主演を果たす。『セーラー服と機関銃』は赤川次郎原作の人気小説が原作、1981年公開の映画は薬師丸ひろ子主演で大ヒットを記録した。伝説的な作品に挑む彼女がどのような演技を披露するのだろうか。
ゆうばり映画祭のゲスト参加について橋本は「初めて、ゆうばり映画祭に参加させていただきます。四代目組長・星泉として全力で取り組みました私の初主演映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』で、多くの皆様に出会えることを、今から楽しみにしております」とコメントを発表している。

長谷川初範は短編オムニバス『バナナvsピーチまつりの歌』でゆうばり映画祭2013に参加し、観客賞を獲得した。今回は『アルビノの木』で3年ぶりに登壇することになった。
映画出演のきっかけについて長谷川は「『アルビノの木』は三年前のゆうばり映画祭で金子監督と出会い実現いたしました」とその理由を明かした。そして「是非多くの皆様に観ていただきたい作品です。会場でお待ちしています!」とメッセージを伝えている。
ゆうばり映画祭2016ではそのほか、企画・協賛部門『ドクムシ』に出演する劇団EXILE・秋山真太郎の参加も決まった。上映作品はもちろん、多彩なゲストも大きな見どころである。
[高橋克則]

『セーラー服と機関銃 -卒業-』
(c)2016「セーラー服と機関銃 -卒業-」製作委員会
《高橋克則》

編集部おすすめの記事

特集