「仮面ライダー1号」藤岡弘、 44年ぶりの主演決定 本郷猛役を熱演

ニュース 映画/ドラマ

「仮面ライダー」シリーズ45周年記念作品『仮面ライダー1号』は3月26日に全国公開となる。このたび、仮面ライダー1号こと本郷猛役のキャストが明らかになった。
1971年放送の第1作『仮面ライダー』で主演を務めた藤岡弘が演じる。ファンにとっては驚きのキャストだ。藤岡が仮面ライダー1号として主演を果たすのは、1972年公開の映画『仮面ライダー対じごく大使』以来44年ぶりとなる。

藤岡弘、は映画『仮面ライダー1号』で主演を務めるため日々のトレーニングに励み、69歳にも関わらず第1作当時よりもパワーアップを遂げたという。45年の時を超えた激しいアクションは必見の仕上がりを見せるだろう。
さらに本作では俳優としてだけではなく、スタッフとして企画段階から参加している。世界各地でのボランティア活動を通じて知った“命の尊さ”を伝えたいという想いから、製作陣と共に脚本を作り上げたという。未来を担う子供たちに向けたメッセージに注目したい。


白倉伸一郎プロデューサーは今回の企画について、藤岡のバイク事故によって主演の途中交代を余儀なくされたことが発端であると明かした。「テレビでは成しえなかった本郷猛の単独主演を全うして欲しかったという思いがあり、今まで一度もなかった『仮面ライダー1号』を映画で観たいと思ったんです」とその熱い想いを語った。

仮面ライダー1号の実写新ビジュアルでは、愛車サイクロンもネオサイクロンとして変化を遂げている。悪の秘密結社ショッカーを相手に45年間戦い続けたことで、より力強いフォルムに変貌した愛車もインパクト抜群だ。特報映像では藤岡が変身ポーズを決める場面もあり、ファンの期待も膨らむ内容となった。
2月6日にはプレゼント付き前売券の販売がスタートする。特典の「のび~るライダーキーホルダー」は仮面ライダー1号 ver.と仮面ライダーゴースト ver.のどちらか一つを選ぶことができる。

そして、気になるストーリーは、この世に誕生した最初の仮面ライダーである本郷猛を中心に展開する。長年海外で悪と戦ってきた猛は、ひとりの少女を救うため急遽帰国する。
やがて猛は仮面ライダーゴーストこと天空寺タケルや、その仲間たちと出会う。日本の最大の危機を前に伝説の戦士・本郷猛が変身する。
[高橋克則]

[キャストコメント]
主演 藤岡弘、(仮面ライダー1号/本郷猛役)
最初の『仮面ライダー』から45年経っているわけですが、改めて主演するというのは感慨深いものがありますね。まさか45年を経て主演ができるなんて思わなかったな。お話を聞いたときは血が騒ぎましたね。
今回演じるに当たり、当時どういう気持ちで取り組んだのか原点を振り返りました。そのときの想いをもう1回投入しようと思ったんですね。当時見ていた人を失望させたくないですからね。自分としては、一生懸命頑張らせていただきました。映画では生のアクションも見ものだと思いますよ。いろんなものが進化してパワーアップしているからね。

『仮面ライダー1号』
3月26日ロードショー
(c)「仮面ライダー1号」製作委員会 (c)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
《高橋克則》

関連ニュース

特集