「アーロと少年」、弱虫な恐竜アーロと父親の交流を描く 本編映像から公開

ニュース

(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • (C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
ディズニー/ピクサーの最新作『アーロと少年』が、3月12日に全国公開を予定している。その本編映像の一部が、劇場公開に先立って披露された。本作のテーマのひとつになっている親子の交流がたっぷり描かれたシーンである。
『アーロと少年』は、もしも隕石が地球にぶつからず、恐竜たちが絶滅するどころか。進化を遂げた世界を舞台にした。

この世界で主人公となるのは、弱虫でひとりぼっちの恐竜・アーロ。本編では、家族と離れ離れになったアーロが、家族の元に帰るため、大冒険を繰り広げる姿が描かれる。そして、今回の本編映像で確認できるのは、アーロがまだ家族と離れ離れになる前のシーンである。
以前は父親、母親、そして兄姉の家族5人で幸せに暮らしていたアーロ。家族を守るためにがんばる両親はある日、がんばった証に足形の“しるし”を付けることを提案する。
そして、順番にしるしを付けていくことになるのだが、そんな中で父親はアーロたち兄姉に向けて「しるしを付けるにはやるべきことをやれ。自分よりも大きなことだ。」との約束を結ぶ。
さらに「いつかみんなのしるしが並ぶ。その日が来るのが楽しみだ。」と付け加えた父親。この日から、アーロは早く父親との約束を果たしたい一心で奮闘することになる。

主人公のアーロについてピーター・ソーン監督は、「家族の助けになりたいという想いに関しては、兄姉よりも情熱を持っている。」と語る。
その一方で、「アーロはとても怖がりで、それが彼の足かせになっているんだ」と、アーロの持つ欠点についてもコメント。
しかし父親はアーロが本来とても強い子であることを知っているそうで、そのことをアーロに自分で気付いてほしいと願っているという。今回の本編映像では、そんな親の思いも垣間見える内容に仕上がっている。

また、映像では日本語吹替えを担当した、アーロの母親役・安田成美さんの声が確認できる。安田さん自身、優しさが感じられるように表現したと語る演技にも注目してほしい。



『アーロと少年』
3月12日(土)全国ロードショー
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
《ユマ》

編集部おすすめのニュース

特集