「聖闘士星矢」30周年記念展に黄金聖闘士の等身大立像が集結

ニュース

あの『聖闘士星矢』が、誕生30周年を記念した企画展「聖闘士星矢30周年展 Complete Works of Saint Seiya」を開催する。詳細はまだ明らかになっていないが、2016年の6月にスタート予定とのこと。会場は東京・秋葉原UDXだ。
この企画展は『聖闘士星矢』のアニメ化を一手に担ってきた東映アニメーションと、原作者・車田正美が営む車田プロダクションによって共催される。原画・アニメーション・フィギュアなど、『聖闘士星矢』に関連したあらゆるアイテムを展示する史上初の催しとなる。

そんな貴重な展示物のなかでも、ひときわ目を引きそうなのが“黄金聖闘士(ゴールドセイント)”12体の等身大立像だ。
黄金聖闘士とは、作中に登場する十二宮と呼ばれる神殿を守護する最高位の聖闘士。それぞれが圧倒的な力を持つ存在として描かれており、ファンからも人気が高いキャラクターたちとなっている。

等身大立像は双子座(ジェミニ)のサガ、獅子座(レオ)のアイオリア、乙女 座(バルゴ)のシャカ、蠍座(スコーピオン)のミロ、射手座(サジタリアス)のアイオロス、水瓶座(アクエリアス)のカミュら6体は既に作られているが、残りの6体は今回の企画展のために、新たに制作されるとのこと。

12体の黄金聖闘士等身大立像が勢揃いともなれば、見応えのある光景となるに違いない。特に気になるのは、身長210cm(参考設定資料より)と黄金聖闘士のなかで一番大きい牡牛座(タウラス)のアルデバランだ。一体、どのような出来映えとなるのだろうか。

『聖闘士星矢』ファンならば、きっと思い入れのある黄金聖闘士がいるだろう。ぜひ「聖闘士星矢30周年展 Complete Works of Saint Seiya」へ足を運び、その勇姿を目に焼き付けたい。

「聖闘士星矢30周年展 Complete Works of Saint Seiya」
秋葉原UDX にて2016年6月開催

『聖闘士星矢』
(C)車田正美・東映アニメーション
《キャプテン住谷》

編集部おすすめの記事

特集