ロシアの歌姫ORIGA 最後の作品「My Way」が発売 残された音源から完成へ | アニメ!アニメ!

ロシアの歌姫ORIGA 最後の作品「My Way」が発売 残された音源から完成へ

ニュース 音楽

テレビアニメ「攻殻機動隊」シリーズの主題歌を歌ったことで知られるロシア人シンガーソングライター・ORIGAのニューシングルが1月20日に発売された。
ORIGAは海外出身ながら、「攻殻機動隊」シリーズを筆頭に『ファンタジックチルドレン』の「水のまどろみ 」など数々のアニメ、ゲーム音楽の楽曲を担当した。透き通るような声が特徴だが、2015年1月17日に44歳という若さで亡くなり多くのファンに衝撃を与えた。
このたび発売されたCD「My Way」は、そんな彼女が生前に取り組んでいた最後の作品のうちのひとつだという。

本曲の制作は2014年の夏からスタートした。まずはカナダに移住していたORIGAがベーシック・トラック(レコーディングのために必要となる曲の基礎)を作り、日本でストリングス・ダビング(弦楽器の録音)を行った後にトラック・ダウンと呼ばれるレコーディングの仕上げをする予定だったそうだ。
急死という不幸があったものの、ORIGAはトラック制作とボーカル録りをドイツで済ませていた。その残されたトラックとボーカルの音源をもとに、足りない部分を補って「My Way」は完成した。亡くなる間際まで作業をしていたという、ORIGAの意図を汲んでのことだ。

本曲は『キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-』の新作遊技機の挿入歌となることが決まっており、ジャケットには3Dで描かれたキャラクターたちが登場する。
CDの帯には、LUNA SEAやX JAPANの活動で有名なギタリストのSUGIZOがコメントを寄せた。ORIGAのデビュー当時から交流があったCOLDFEETのWatsusiは、同時収録曲「Freedom」のリミックスを提供。価格は税抜1,111円となっている。

ORIGAと言えば、TBS系ドラマ『青の時代』のオープニングテーマ「ポーリュシカポーレ」や、『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』の主題歌「rise」などが印象的だ。ORIGA最後のWORKSと銘打たれた「My Way」は、見逃すことができない1枚となるだろう。

ORIGA 「My Way」
発売日:2016.1.20 release
《キャプテン住谷》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • 「キャプテンハーロック」やゲーム「ジョジョの奇妙な冒険」VFX-JAPANアワード最優秀賞決定 画像 「キャプテンハーロック」やゲーム「ジョジョの奇妙な冒険」VFX-JAPANアワード最優秀賞決定
  • 「キャプテンハーロック」国際3D協会で外国アニメーション映画最優秀賞 フランス興収8億円突破 画像 「キャプテンハーロック」国際3D協会で外国アニメーション映画最優秀賞 フランス興収8億円突破

特集