「ガラスの花と壊す世界」、1月9日から海外上映もスタート 米国、中国、仏、独…

ニュース

1月9日に全国27館で公開した『ガラスの花と壊す世界』が、劇場からさらに展開を広げる。本作の「Premium Edition Blu-ray」と通常盤Blu-ray、DVDのリリースが2016年2月17日に決まった。
すでに劇場では数量限定で劇場限定版(税別5556円)が発売されているが、「Premium Edition Blu-ray」は文字どおり特典満載となる。通常版も67分の本編のほか15分の特典映像も収録されるなど見逃せない。映画公開からわずか1ヵ月あまりのリリースは珍しいケースだが、劇場の熱気をそのまま映像ソフトにつなげる狙いがありそうだ。

「Premium Edition Blu-ray」の目玉が、特典CD「イメージソングメモリーズ」である。収録楽曲は3曲。それぞれ本作に登場する3人のキャラクターとして、声優陣が歌う。リモ(花守ゆみり)が「センダンライフ」、デュアル(種田梨沙)が「Insomnia」、ドロシー(佐倉綾音)が「Hello!」である。
またスペシャルブックレット「メモリーアーカイブス」は88ページにも及び、オフィシャルパンフレット縮刷版のほか16ページの未収録設定も加わる。三方背ケースのイラストはキャラクター原案のカントクが、デジパックのイラストはメインアニメーター川村敏江がそれぞれ描き下した。「Premium Edition」の価格は税別8800円になる。

一方、本作は公開と同時に、世界各国の劇場での上映もスタートさせいる。国内の劇場公開同日の1月9日は米国カリファリニア州サンノゼのCamera 3 Cinemasと中国上海のWanping Theaterで上映された。今後のスケジュールでは1月だけで、フランスではパリ、ドイツではハンブルグ、ベルリン、ケルン、フラ。オーストリアではウィーンなどを予定している。
近年はテレビアニメシリーズはインターネット配信を通じて、日本とほとんど時差がなく作品が海外のファンの手元に届けられる。しかし、劇場作品の多くは、日本公開よりリリースが遅れる。今回の上映は海外のファンにもいち早く『ガラスの花と壊す世界』を届けるものとなっている。

『ガラスの花と壊す世界』
2016年1月9日より全国劇場公開中
(C)Project D.backup
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集