「闇狩人」高杉真宙・横浜流星の共演で舞台化決定 「少年ジャンプ」連載のマンガが原作

ニュース

1988年から1990年まで、「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載されていたアクションマンガ『闇狩人』が、舞台化されることが決定した。2016年5月13日より、東京・天王洲 銀河劇場にて、舞台『闇狩人』が上演される。
しかも、主人公・間武士役を演じるのは若手俳優と伸び盛りの高杉真宙、それに対する我竜京介役を気鋭の実力派・横浜流星が務める。人気俳優の競演は、若い世代にもアピールする舞台になりそうだ。

『闇狩人』は、坂口いくが「少年ジャンプ」に連載したマンガである。法では裁けない悪を、闇狩人たちが成敗する勧善懲悪のアクションストーリーになっている。連載当初は「現代版・仕事人」として人気を集めた。
20年以上昔の作品とはなるが、「月刊ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス)にて『新闇狩人』の連載開始も予定されている。2016年に本作が脚光を浴びそうだ。

作品の魅力のひとつが、この成敗を実行する闇狩人たちのキャラクターの魅力である。主人公の間武士は、マンガ家志望の冴えない予備校生。ところが裏の顔は凄腕の闇狩人で、ステンレス製の定規などを武器に戦う。これを演じるのは『仮面ライダー鎧武/ガイム』で一躍注目を浴びた高杉真宙である。
一方、横浜流星が演じる我竜京介は、信家でナルシスト、特殊加工されたけん玉を武器にするが、強く、また美貌の持ち主だ。『烈車戦隊トッキュウジャー』、『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE』などの当たり役を持つが、どう演じるか注目される。

演出は、深作健太が担当する。映画「バトル・ロワイアル」シリーズでもお馴染みの存在だ。舞台化では、『里見八犬伝』『シアワセでなくちゃいけないリユウ』などで高い評価を受ける。
脚本は深作とたびたびコンビを組んできた鈴木哲也。確かなスタッフが作品世界の構築に一役買いそうだ。
出演は高杉真宙、横浜流星に加えて個性たっぷりの役者が揃った。闇狩人の三枝将役に鈴木勝大、陣内力役に荒井敦史、そして彼らの敵となる皇静馬役は丸山敦史が演じる。さらに、稲垣拓弥、森田彩華、市瀬秀和、中村誠治郎などのキャストが舞台を盛り上げる。

『闇狩人』
原作:坂口いく  脚本:鈴木哲也  演出:深作健太
出演
高杉真宙・横浜流星・鈴木勝大・荒井敦史・丸山敦史
稲垣成弥・森田彩華・市瀬秀和・中村誠治郎 ほか
企画・製作: 日本テレビ 
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集