「BRIGADOON まりんとメラン」新規コメンタリー収録でキャスト・スタッフが久々に再会

ニュース

『BRIGADOON まりんとメラン』のBlu-ray BOX 特装限定版がバンダイビジュアルよる1月29日にリリースされる。本作は2000年にWOWOWで放送されたSFハートフルファンタジー。アニメーション制作はサンライズで、いまでも多くのファンから愛されている。
Blu-ray BOXは、ファン待望と言っていいだろう。しかも今回は音声特典に新規オーディオコメンタリーを収録する。これもファンうれしい企画だ。コメンタリーに参加するのは浅葱まりん役のKAORIさんや米たにヨシトモ監督らだ。

Blu-ray BOXのオーディオコメンタリーは、第1話、第9話、第15話、第21話、第26話となる。全5話とボリュームもたっぷりだ。さらに第26話はキャスト版とスタッフ版の2種類が用意され、異なる視点から『まりんとメラン』を解き明かす。16年ぶりの秘話も期待出来そうだ。
オーディオコメンタリーの参加者は、キャストからは主人公・まりん役のKAORIさん、メラン・ブルー役の大塚芳忠さん、ロロ役の新谷真弓さん、如月萌役の齋藤彩夏さん。それに米たにヨシトモ監督、キャラクターデザインの木村貴宏さん、アクションマスターのまさひろ山根さんの計7名だ。各話それぞれ3人ずつ参加し、今だからこそ話せるエピソードを披露した。

KAORIさんは「15年も前の作品だし、その回ごとに違う話が出来るか少し心配でしたが、皆さんから色々なお話が出てきたので、私の記憶も引き出されてビックリ!」と作品との再会を楽しんだ様子。「監督や共演者の方達、スタッフの皆さんと、こうやって一緒に見る機会ってなかなかないので、個人的な好きな場面等が聞けて、とても興味深かったです」とコメントした。
米たに監督も「オーディオコメンタリーで、私が関わる仕事の九割は一応おしまいです。ここに至るまで、想像もつかないようなたくさんの作業をさせて頂き、やっとたどり着くことが出来て幸せ。とてもキラキラとした時間と出逢いをア・リ・ガ・ト・ウ…」と感謝のメッセージを伝えた。

Blu-ray BOXには、未収録曲を追加した「BRIGADOON まりんとメラン オリジナルサウンドトラック1&2」や、スタッフインタビューを収めたブックレットなど様々な特典が同梱される。価格は34000円(税抜)だ。
[高橋克則]

[キャストコメント]
KAORIさん
「私は先に1話と26話を録っていたので、15年も前の作品だし、その回ごとに違う話が出来るか少し心配でしたが、皆さんから色々なお話が出てきたので、私の記憶も引き出されてビックリ!監督や共演者の方達、スタッフの皆さんと、こうやって一緒に見る機会ってなかなかないので、個人的な好きな場面等が聞けて、とても興味深かったです。特に監督から、出演者も知らなかったような制作側のディープなお話もうかがう事ができ、とても楽しくて充実した、素敵な時間を過ごさせて頂きました」

大塚芳忠さん
「15年ぶりの再会。美しく大人の女性になられたKAORIさんにどぎまぎしてしまいましたが、話が進むうちに収録がついこの間のことのように思われて来て…素晴らしい時間でした」

新谷真弓さん
「私は9話と15話をやらせて頂きました。CM・PV収録の際に、インタビューでオーディオコメンタリーの話数投票の予想で9話と15話と言っていたら、本当にその通りで、しかもその回に呼んで頂けるとは…(笑)、個人的な希望が叶い感謝しております。9話は女子三人で話せたのが楽しかったし盛り上がれて良かったですね。15話のコメンタリー収録では監督から思わぬ裏話も伺えましたし、和気あいあいといつまでも話していられそうでした。本当は全話やりたいくらいですが(笑)BOX発売を楽しみにしてます」

齋藤彩夏さん
「女性三人で、女子高みたいにお風呂の話とかして、すごい楽しかったなと思うので、楽しさが聞いてくださる皆様にも伝わったらいいなって思います。当時はあんまり演じているというよりも萌ちゃんとしてリアルに生きている感じでした。だから改めてみると、驚いたり懐かしいと思うところがたくさんあったので、改めてまた全部見たいなって思いました。こうしてブルーレイになったり、スタッフの皆さんの愛を感じる日々なので、嬉しいなって思います」

[スタッフコメント]
米たにヨシトモ監督
「オーディオコメンタリーで、私が関わる仕事の九割は一応おしまいです。ここに至るまで、想像もつかないようなたくさんの作業をさせて頂き、やっとたどり着くことが出来て幸せ。とてもキラキラとした時間と出逢いをア・リ・ガ・ト・ウ…」

木村貴宏さん
「オーディオコメンタリーの収録で改めて映像を見て、懐かしくもあり、何度見ても新鮮に当時の感情を揺さぶられるような作品になっているというのはすごい事だなと思いました」

まさひろ山根さん
「今では自分たちの絵も15年を経て変わってきているので、15年前の絵を見た時に逆にものすごく新鮮でした。よくがんばったと15年前の自分にいってやりたいですね(笑)」



『BRIGADOON まりんとメラン』
(c)サンライズ
《高橋克則》

編集部おすすめの記事

特集