クロエ・グレース・モレッツ主演「フィフス・ウェイブ」 人類滅亡をもたらす第5の波とは? | アニメ!アニメ!

クロエ・グレース・モレッツ主演「フィフス・ウェイブ」 人類滅亡をもたらす第5の波とは?

ニュース

『キック・アス』のヒットガール役や『キャリー』のヒロインで、映画界で一躍名を上げたクロエ・グレース・モレッツがSF大作のヒロインに挑戦する。2016年4月23日(土)に、全国公開される映画『フィフス・ウェイブ』の主演を務める。
『フィフス・ウェイブ』は、人類の滅亡を導く「フィフス・ウェイブ」を前に地球外知的生命体“アザーズ”との戦いを描くものだ。クロエの演じる女子高生キャシーは弟を探すため、その戦いに身を投じる。

タイトルになった「フィフス・ウェイブ」は、人類の滅亡を意味する第5の波のことを示す。第1の波は「暗黒」、第2の波は「崩壊」、第3の波は「感染」、第4の波は「侵略」。本編の中で、人類は4度の攻撃を受け、全人口の99%の命が奪われている。
そして第5の波は、最終的に人類を滅ぼすものとされるが、それが何なのかは不明だ。謎はスクリーンで解き明かされる。そしてこの「フィフス・ウェイブ」を止めらるのか、アザーズと人間の謎めいた心理戦が映画の見どころになる。

そんなクロエ・グレース・モレッツが、2016年の日本公開を前に年明けと共にメッセージを発している、映像中でクロエは現在、全国で上映中、一大ムーブメントを巻き起こす『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』になぞらえて、「“フォースが覚醒する”って感覚を知りたければ、 私が演じる『フィフス・ウェイブ』のキャシーに注目よ!絶対観てね!」とコメントを寄せている。
『キック・アス』で過激な少女を演じたクロエは、SF映画ファンの間で絶大な人気を誇る。そんな彼女がアクションを交えつつ、大人の女を演じる。『フィフス・ウェイブ』は2016年の注目の一本になりそうだ。

『フィフス・ウェイブ』
2016年4月23日(土) 全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

《高松拳人》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • クロエ・モレッツ主演のSF映画「フィフス・ウェイブ」2016年4月日本公開 画像 クロエ・モレッツ主演のSF映画「フィフス・ウェイブ」2016年4月日本公開
  • 20年ぶり実写化 TVドラマ「白鳥麗子でございます!」がビジュアル公開 画像 20年ぶり実写化 TVドラマ「白鳥麗子でございます!」がビジュアル公開

特集