「ONE PIECE」、サイドストーリー描く“扉絵”をフルカラー配信 単行本80巻発売記念

ニュース

国民的マンガ『ONE PIECE』の勢いが止まらない。単行本最新第80巻が12月28日(月)に発売された。国内のみならず世界中で人気を誇る『ONE PIECE』は、毎巻発売されるたびにその記録破りな数字で話題を呼ぶ。今回の80巻到達で、またひとつ大記録を打ち立てたことになる。
このたび、単行本80巻発売と「ONE PIECE 無料連載公式アプリ」の100万ダウンロード突破を記念し、特別企画がはじまった。『ワンピース』の扉絵連載フルカラースペシャルパックを読むことができるイベントが、公式アプリにてスタートした。

「扉絵連載」とは、『ワンピース』の作中キャラクターのサイドストーリーを描く人気コーナーだ。キャラクターの意外な一面が明かされたり、物語の伏線が散りばめられていることもあり、本編とは違った角度から作品を楽しむことができる。

特別イベントでは、この扉絵をフルカラーで堪能することが出来る。シリーズ第1弾「バギー一味冒険記」から第6弾「エースの黒ひげ大捜査線」までの初期6編、合計189枚のフルカラー版を読むことができる。
扉絵連載フルカラースペシャルパックは、2015年12月28日から2016年1月27日の期間、「ONE PIECE 無料連載公式アプリ」にて閲覧できる。

『ONE PIECE』は、1997年より「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載がはじまった尾田栄一郎氏による少年マンガ。海賊王を目指す少年・ルフィを中心に仲間との冒険・友情を描く。日本のみならず海外からも人気を集めて、単行本の世界累計発行部数は3億を越え、2015年6月には「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録にも登録された。
《沖本茂義》

編集部おすすめの記事

特集