グッドスマイルレーシング、2016年もSUPER GTに参戦 アートディレクションはコヤマシゲト

ニュース

初音ミクとのコラボレーションタアップで異彩を放つグッドスマイルレーシングは、2016年も初音ミクGTプロジェクトをパワフルに展開する。12月23日に、「GOODSMILERACING 2016 SUPER GT 参戦発表会」を開催し、2016年も日本最高峰の自動車レース「SUPER GT」のGT300クラスへ参戦すること明らかにした。この場で2016年度のチーム体制を発表した。
エトラント名は「GOODSMILERACING&TeamUKYO」、引き続きグットスマイルカンパニーと片山右京がタッグを組む。また参戦車両を変更することもここで発表された。Mercedes-AMG GT3を投入する。

2014年、チームは前人未到の二連覇を掲げて「SUPER GT」挑んだ。しかし、思いがけないトラブルに苦しめられ最終戦では惜しくも2位、ドライバーズランキングでは11位という奮わない結果に終わってしまった。
そこで2016年は王座を奪還すべく、マシンを「Mercedes-AMG GT3」にチェンジし戦いに挑む。チーム体制はこれまでのどおりの強力な布陣で、監督に元F1ドライバーの片山右京、ドライバーには2014年チャンピオンである谷口信輝選手と片岡龍也選手、さらにメンテナンスガレージはRSファインとする。

一方、グッドスマイルレーシングならではの企画も見逃せない。ポップカルチャーのアイコンをデザイン面に登用する、。ボーカロイドの人気キャラクター初音ミクを基にしたレーシングミクは2016verとなり、そのデザインも公開された。
今回のデザインはクリプトン・フューチャー・メディアが運営する「piapro(ピアプロ)」で公募する新しい企画も盛り込んだ。衣装デザインにはミィ、myeah-Q、rsk、ボルボ美美、つきしまのアイデアが採用されている。またイラストレーターはには、人気アニメ『キルラキル』や『リトルウィッチアカデミア』でアニメーターとして活躍する米山舞を起用している。
さらにプロジェクト全体のアートディレクションをコヤマシゲトが担当する。ディズニー映画『ベイマックス』のコンセプトデザインにも参加したコヤマは「初音ミク レーシングver. 2014」 2015年の初音ミクGTプロジェクト・アートディレクションも手掛けている。2016年も引き続き、「GOODSMILERACING&TeamUKYO」のアート面を担当する。

現在のチーム体制になってから5年目となる2016年。再びレーシングミクがSUPER GT300の頂点に立つことが出来るのか注目が集まる。

レーシングミクは2016ver
(C)米山舞 / Crypton Future Media, INC. www.piapro.net directed by コヤマシゲト
《高松拳人》

編集部おすすめの記事

特集