「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」OVA製作決定 10周年記念で新作2本

ニュース

「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」OVA製作決定 10周年記念で新作2本
  • 「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」OVA製作決定 10周年記念で新作2本
「ジャンプSQ.」(集英社)にて連載中の人気マンガ『ToLOVEる-とらぶる-ダークネス』が、2016年にシリーズ連載10周年を迎える。このメモリアルイヤーに合わせてビッグなニュースが発表された。
10周年を記念して新作OVAが製作されることになった。しかもOVAは2本を予定している。2015年12月19日に、幕張メッセにて開催されている大型イベントのジャンプフェスタ2016内での「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」ジャンプスーパーステージにて明らかにされた。

発表によればOVA1本目は、原作ファンにも人気の高い新キャラクター、そしてデビルーク三姉妹の母であるセフィが登場する原作第49話「Mother ~美しすぎる天使~」、第50話「Charm ~偉大なる母~」が映像化される。早くもアニメに初登場と大きな話題になりそうだ。2016年7月4日に発売される単行本第16巻に同梱される。
2本目は12月2日に発売する単行本17巻との同梱になる。こちらのエピソードはファン参加の大イベントになる。原作「To LOVEる」シリーズ全エピソードからアンケートを募り、ファン投票のトップがアニメ化される。エピソード総選挙は12月21日より公式サイト「To LOVEる.com」にて受付を開始する予定だ。ビッグな企画でファンの期待に応える。

『ToLOVEる-とらぶる-ダークネス』は、漫画:矢吹健太朗、脚本:長谷見沙貴によるラブコメディ。2006年から2009年まで「週刊少年ジャンプ」にて連載された後、『ジャンプSQ.』として新たに連載を開始した。単行本のシリーズ累計発行部数1500万部を突破するスーパーコンテンツである。
2007年に『ToLOVEる-とらぶる-』テレビアニメ化され、こちらも大ヒット。OVA、第2期が製作された。『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』は2012年に第1期、2014年に第2期を製作、今回はそれに続くアニメ化だ。

原作 (C)矢吹健太朗・長谷見沙貴/ 集英社
アニメ (C)健太朗・長谷見沙貴/ 集英社・とらぶるダークネス製作委員会
《animeanime》

編集部おすすめのニュース

特集