「僕だけがいない街」エンディングに“酸欠少女”さユり 作詞・作曲は梶浦由記

ニュース

2016年1月からフジテレビのアニメ放送枠“ノイタミナ”にて『僕だけがいない街』放送される。KADOKAWAの「ヤングエース」で連載されている三部けいさんのSFサスペンスを原作にした注目作品だ。
本作のエンディングテーマの詳細が、このほど初公開された。楽曲タイトルは「それは小さな光のような」、さユりが歌う。楽曲はテレビの告知CMで紹介されたほか、ウェブでも情報を公開している。

『僕だけがいない街』は、2012年より連載がスタート。6巻まで発売された単行本は累計発行部数が167万部を超えるヒット作だ。作品への評価も高く、「マンガ大賞」や「このマンガがすごい!」に2年連続でランクインするなど高い注目を浴びている。
そうしたなかでテレビアニメが決定、2016年1月7日より放送開始となる。さらに実写映画の製作も話題だ。若手の人気俳優である藤原竜也が主演で、2016年3月19日に公開でする。こちらもすでに関心を集めている。

すでにオープニングテーマのASIAN KUNG-FU GENERATIONは発表されている。今回はエンディングテーマの告知となった。
さユりは、2.5次元パラレルシンガーソングライターを自称する異色のアーティスト。酸欠少女を乗せたキャッチコピーで活動する。ノイタミナではデビューシングル「三日月」が『乱歩奇譚Game of Laplace』とすでにタイアップしているが、今回再び話題の放送枠に戻ってくる。
そして作詞作曲を手掛けるのは梶浦由記。Kalafinaのプロデュースや『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』の劇伴で知られる梶浦は本編のサウンドトラックも手掛けている。


「それは小さな光のような」のシングルは2016年2月24日にリリース。通常版と期間限定生産盤、初回生産限定版のA、Bの4種類が販売される。初回限定生産盤、期間限定版にはそれぞれDVDが収録される予定だ。

『僕だけがいない街』
(C)2016 三部けい/KADOKAWA/アニメ「僕街」製作委員会
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集