「双星の陰陽師」ダブル主人公に花江夏樹、潘めぐみ ジャンプフェスタ2016にも登壇

ニュース

2016年にテレビアニメ放送が決定した『双星の陰陽師』の新たな情報が発表となった。2人の主人公を花江夏樹さん、潘めぐみさんが演じることが決定した。焔魔堂ろくろ役に花江夏樹、化野紅緒を潘めぐみが演じる。
また2015年12月19日・20日に開催される「ジャンプフェスタ2016」のイベントに登壇することも明かされた。アニメ放送に向けて新情報も期待したいところだ。

『双星の陰陽師』は集英社の月刊マンガ誌「ジャンプSQ.」で助野嘉昭が連載する人気マンガだ。2013年から連載がスタート、最新刊7巻が2016年1月4日に発売される。
物語は陰陽師を目指していた主人公・焔魔堂ろくろが、陰陽師の少女・化野紅緒と出会うところから始まる。陰陽師は異世界“禍野”からやってくるケガレという化物を退治する役割を持ち、本編では激しいバトルが展開される。ろくろと紅緒は「双星の陰陽師」という称号を与えられ、戦いに終焉をもたらす神子を産むよう、夫婦として生活することを強要される。バトルアクションにファンタジー、さらにラブコメ要素も交えて楽しめる。

焔魔堂ろくろ役の花江夏樹は、『東京食種トーキョーグール』の金木研や『四月は君の嘘』の有馬公生を好演し、注目が増している声優だ。化野紅緒役の潘めぐみも『HUNTER×HUNTER』でゴン・フリークス、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』でセイラ・マスを演じる。こちらも注目の若手である。さらに紅緒の兄である石鏡悠斗を『ハイキュー!!』で日向翔陽役である村瀬歩が演じることも明かされた。

「ジャンプフェスタ2016」は、集英社のシャンプ作品が集まる一大イベントだ。花江夏樹、潘めぐみ、村瀬歩が登壇するジャンプSQ.ブースのステージには、原作者の助野嘉昭も登壇する。見逃せないイベントになるだろう。ステージは2日間各1回ずつ実施される予定だ。

『双星の陰陽師』
(C)助野嘉昭/集英社・「双星の陰陽師」製作委員会
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集