「新劇場版『頭文字D』」第3弾本予告編公開 4DXの上映も決定

ニュース

(C)しげの秀一/講談社・2016 新劇場版「頭文字D」L3 製作委員会
  • (C)しげの秀一/講談社・2016 新劇場版「頭文字D」L3 製作委員会
  • (C)しげの秀一/講談社・2016 新劇場版「頭文字D」L3 製作委員会
  • (C)しげの秀一/講談社・2016 新劇場版「頭文字D」L3 製作委員会
  • (C)しげの秀一/講談社・2016 新劇場版「頭文字D」L3 製作委員会
  • (C)しげの秀一/講談社・2016 新劇場版「頭文字D」L3 製作委員会
  • (C)しげの秀一/講談社・2016 新劇場版「頭文字D」L3 製作委員会
  • (C)しげの秀一/講談社・2016 新劇場版「頭文字D」L3 製作委員会
『新劇場版「頭文字D」Legend3-夢現-』が2016年2月6日に公開初日を迎える。2014年8月23日に第1弾が公開され、1年と半年かけての最終章である。
その本予告と新規カットが公開された。さらに公開初日から4DXの上映が決定し、公開劇場も明かされた。

『頭文字D』は講談社の「週刊ヤングマガジン」でしげの秀一さんが連載をしていた。1995年から2013年までの連載でコミックは48巻発売し、累計発行部数は4800万部を超える。
ヤングマガジン35周年を記念して『新劇場版「頭文字D」』第3部までの制作が決定し、2014年8月に第1弾、2015年5月に第2弾が公開された。本作は完結編となる。

本予告では、マンガのカットがそのまま躍動的に動くシーンからはじまり、迫力のレースシーンが登場する。主人公・藤原拓海のハチロクと高橋涼介のFCが競い合う、白熱するシーンだ。人物の作画も原作に近く、クオリティの高い映像となっている。本予告編は12月19日より全国の劇場でも上映が開始される。



さらに4DXの上映が2月6日の初日から実施されることが決定した。実施するのはシネマサンシャイン平和島、小田原コロナシネマワールド、109シネマズ佐野、シネマサンシャイン沼津、109シネマズ富谷、中川コロナシネマワールド、大垣コロナシネマワールド、シネマサンシャインエミフルMASAKI、小倉コロナシネマワールドの9つの劇場だ。席が前後左右に動くのはもちろん、エンジン音の振動や細かい動きなど、運転席にいる感覚が味わえる。

『新劇場版「頭文字D」Legend3-夢現-』
2016年2月6日(土)全国ロードショー
(C)しげの秀一/講談社・2016 新劇場版「頭文字D」L3 製作委員会
《animeanime》

編集部おすすめのニュース

特集