「ルパン三世」SPが新年の金曜ロードSHOW!に 新シリーズで描く“カリオストロ伯爵の遺産”

ニュース

「ルパン三世」新シリーズ-(C) モンキー・パンチ(C) TMS
  • 「ルパン三世」新シリーズ-(C) モンキー・パンチ(C) TMS
  • 「ルパン三世」 原作:モンキー・パンチ (C)TMS
  • 「ルパン三世」新シリーズ-(C) モンキー・パンチ(C) TMS
  • 「ルパン三世」 原作:モンキー・パンチ (C) TMS
  • 「ルパン三世」新シリーズ-(C) モンキー・パンチ(C) TMS
  • 「ルパン三世」新シリーズ-(C) モンキー・パンチ(C) TMS
青いジャケットに身を包んだルパンが、30年ぶりに新TVシリーズに復活したことでも話題の「ルパン三世」。この新シリーズの流れをくんだ新作TVスペシャル「ルパン三世 イタリアン・ゲーム」が、新春1月8日(金)放送の金曜ロードSHOW!に登場。原作者のモンキー・パンチ氏も「ルパン三世は、イタリアが似合う」と期待のコメントを寄せていることが分かった。

1971年に緑色のジャケットを着用し初めてアニメ化された「ルパン三世」。1977年には赤いジャケットとなり、再度シリーズ化されて長年にわたって活躍。抜群の頭脳、飄々としたスタイルは相変わらず、狙った獲物は逃がさない天下無敵の大泥棒が、アニメ化44年目を機に“青いジャケット”に身を包み、リスタートを切ったのが今回のTVシリーズ。ルパンを知り尽くしたベテランと、新たな息吹を吹き込む気鋭の若手クリエイターたちの手で磨き上げられた、かつてのシリーズをほうふつとさせる、“王道”“ど真ん中”のルパンが、2年ぶりのTVスペシャルでも登場する。

舞台は、イタリア。名家の令嬢にして大財閥の若き会長レベッカ・ロッセリーニが誘拐されることから、物語は始まる。ルパンはレベッカを誘拐犯から“盗み出す”ために大暴れ! だが、その裏にはとんでもない目的が…!?

また、謎の人物“仮面伯爵”から届くルパン三世への挑戦状。その内容は“あるお宝”をどちらが先に手に入れるか勝負しようというもの。“あるお宝”とは、かの有名な“カリオストロ伯爵の遺産”! そのお宝を巡って様々な人間の思惑が交錯する。仮面伯爵とは一体誰なのか? 張り巡らされた仮面伯爵の罠にルパンは打ち勝つことができるのか!? 最も危険な「イタリアン・ゲーム」がいま、幕を開ける…。

もちろん、孤高のガンマン・次元大介、居合抜きの達人・石川五ェ門、謎のセクシー美女・峰不二子、そしてルパン最大のライバルであるICPO の敏腕捜査官・銭形警部と、おなじみのキャラクターたちも大活躍。そんないつものメンバーに、不二子のライバルとなる(?)自由奔放なセレブ娘レベッカ・ロッセリーニがもう一人のヒロインとして加わり、さらに、今回はイギリス諜報部・MI6もルパンに目をつけるという。

ますますダイナミックに展開しそうな新たなTVスペシャルも見逃せそうにない。

<原作者モンキー・パンチ氏 コメント>
ルパン三世は、イタリアが似合う。「今度のルパン三世の舞台はイタリア」と聞いたとき、当然諸手をあげて賛成しました。かつてアメリカの西部劇をイタリア風に味付けした新感覚の“マカロニ”ウエスタンが一世風靡したが、ルパン三世に取り組む才能あるクリエーター陣が創作する“マカロニ”ルパン三世は、それ以上のとんでもない仰天を引っさげて登場してほしい。そんなルパン三世を原作者というより、一ファンとなって大いに期待し、楽しみたい。

<番組プロデューサー稲毛弘之 コメント>
2017年に生誕50年を迎える「ルパン三世」は、「金曜ロードSHOW!」で最も長く放送してきている番組を代表するコンテンツです。最近は「峰不二子という女」や「ルパン三世VS名探偵コナン」といったスピンオフ作品によって、「ルパン」の再放送を見て育った世代とは違う、新たなファンの方々にも楽しんでいただいております。今年30年ぶりにテレビシリーズも始まり、リスタートしたいまこそ、スピンオフでない王道の「ルパン三世」を金曜ロードSHOW!で放送したいという思いがありました。

今回、テレビシリーズの再放送をワクワクして見ていた自分のあの頃の気持ちを、現代の「ルパン」に融合して、今後の新たなスタンダードとなる「ルパン三世」を作ることを目指しました。それがこの度約2年ぶりの新作テレビスペシャル「ルパン三世」です。オールドファンもルパン初体験の方々にも楽しんでいただける「ルパン三世 イタリアン・ゲーム」、皆様でお楽しみください。

金曜ロードSHOW!「ルパン三世 イタリアン・ゲーム」は2016年1月8日(金)21時~日本テレビ系にて放送。

新「ルパン三世」SP、“カリオストロ伯爵の遺産”を狙って新年の金ローに参上!

《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめのニュース

特集