第2期16年4月スタート「コンクリート・レボルティオ」上坂すみれもサプライズに笑顔 | アニメ!アニメ!

第2期16年4月スタート「コンクリート・レボルティオ」上坂すみれもサプライズに笑顔

イベント・レポート

12月11日、TOHOシネマズ新宿にて「『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~』超人フライデーナイトSP」が開催された。佳境を迎える本作の第11話最速先行上映会や、ゲストによる第1話の生コメンタリー、トークショーにラジオの公開録音など、盛りだくさんの内容となった。

MCを務めたのはアニメ好きで知られ、本作にも出演している松澤千晶アナウンサー。イベントの開幕が宣言されると、まずは第11話の先行上映からスタートした。
上映終了後は星野輝子役の上坂すみれさん、風郎太役の中村繪里子さん、水島精二監督の3人が登壇。水島監督が当日の昼まで11話のフィルムを制作していたと明かすと、会場からは驚きの声が上がった。
コメンタリーでは、第1話の輝子が変身するシーンとそのBGMにかなり力を入れて作ったものの、以降は尺がなくて本編に入れることができないと漏らす水島監督。
上坂さんから「笑美さんが爾朗の腕のロックを止めることができるのは何故ですか?」と質問があった際、「そもそも爾朗に封印をしたのが笑美さんだから」と水島監督が明かす場面も。それを受けた上坂さんは「じゃあ、爾朗さんの隣には笑美さんがいないとダメなんですね……」と、輝子のように落ち込んでみせた。

コメンタリー後は人吉爾朗役を演じる石川界人さんが合流。国内の優れた作品やクリエイターを表彰する「第20回アニメーション神戸賞」で個人賞を獲得した水島監督へ、石川さんから花束が贈られた。
ここではさらに、輝子の公式コスプレイヤーを務める御伽ねこむさん、作中で登場するカレーの元になったという「秋葉原カリガリ」からもゲストが登壇となった。ねこむさんが胸の谷間からウルを取り出すという原作再現をしてみせると、それを見た石川さんが喜びを爆発させる一幕もあった。

トークパートのラストでは、水島監督から2期シリーズの制作が決まったと発表があり、会場は拍手に包まれた。2016年4月から放送スタートの予定で、既に制作に入っているそうだ。
2期では虚淵玄さんや中島かずきさんが脚本に参加することが明かされると、松澤さんから「皆、生きて帰れますか?」と恐る恐る質問が。水島監督は「虚淵さんとは割と平和な作品を作ったので、今回は……と思っています」と思わせぶりな返答。いずれにせよ、よりハードな展開になっていくことが予想される。

上坂さんと中村さんがパーソナリティを務めるラジオ番組『コンクリート・レボ“レディオ”』の公開録音では、水島監督と石川さんをゲストに迎えてトークを展開。その中で、次回の番組更新日が上坂さんの誕生日に近いということで、お祝いをするサプライズが用意された。観客も一緒になってバースデーソングを斉唱し、プレゼントを受け取った上坂さんは「私、24歳になりました!」と笑顔を見せた。

『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~』
(C)BONES・會川 昇/コンクリートレボルティオ製作委員会
《キャプテン住谷》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 身近な“超人”を目撃情報探してます!「コンクリート・レボルティオ」がTwitterで募集 画像 身近な“超人”を目撃情報探してます!「コンクリート・レボルティオ」がTwitterで募集
  • 「コンクリート・レボルティオ」新宿アルタに期間限定ショップ 12月29日オープン 画像 「コンクリート・レボルティオ」新宿アルタに期間限定ショップ 12月29日オープン

特集