シリーズの完結が描かれる今週注目の映画「Wake Up, Girls! Beyond the Bottom」

ニュース

2015年の終わりが近づきつつある12月第2週の映画は、12月11日に公開の山本寛氏が監督を務めるOrdetとミルパンセ制作の『Wake Up, Girls! Beyond the Bottom』を紹介する。
本作は、2014年に公開された『Wake Up, Girls!「七人のアイドル」』を発端とするアイドルアニメプロジェクトの最新作。アイドルグループWUG!こと「Wake up, Girls!「に所属する7人の少女達を中心に映す作品で、ハードなアイドル戦国時代や芸能界が描写されることが特徴の作品だ。

劇場1作品目ではWUG!の結成が、TVシリーズでは仙台におけるWUG!グループメンバーの成長が、続・劇場版の前編となる『青春の影』では東京での挫折が描かれた。後編の『Beyond the Bottom』では、東京での挫折から始まるものとなっておりWUG!が地元の仙台から活動を再開し“アイドルの祭典”における活躍が再び映しだされることになる。
登場人物のキャストは、島田真夢役を吉岡茉祐が、林田藍里役を永野愛理が、片山実海役を田中美海が、七瀬佳乃役を青山吉能が、久海菜々美役を山下七海が、菊間夏夜役を奥野香耶が、岡本未夕役を高木美佑が演じる。監督は、『涼宮ハルヒの憂鬱』で演出を『かんなぎ』では監督を務めた山本寛氏が、キャラクターデザイン/総作画監督を近岡直氏が、音楽を神前暁氏が担当する。

本作は、ゲームが原作となる『アイドルマスター』シリーズや読者参加企画から始まった『ラブライブ!』とは異なり、オリジナルアニメ作品として誕生したことも特徴と言える作品だ。
アイドルという過酷な職業を通じて描かれる芸能界や、彼女達の成長を追った完結編としても注目の作品であるだろう。『Wake Up, Girls! Beyond the Bottom』は12月11日より全国劇場で公開予定だ。

《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

特集