「この素晴らしい世界に祝福を!」OPテーマアーティストにMachico 第2弾PVも

ニュース

テレビアニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』が、2016年1月13日からTOKYO MXほかで放送をスタートする。人気ライトノベルのアニメ化にファンからの期待も集まっている。
放送開始がいよいよ近づくなかで、番組関連の新しい情報が次々に明かされている。12月2日に発表されたのは、オープニングとエンディングのテーマ曲のタイトルとそれを歌うアーティストである。オープニングテーマにはMachicoを起用、エンディングテーマはヒロイン3名のキャストが歌う。

Machicoが歌うオープニングテーマは『fantastic dreamer』。Machicoは声優としても活躍するアーティストだが、アニメタイアップは本作が初となる。『fantastic dreamer』のシングルは1月27日に発売予定、カップリング曲には『ラブ★スト』が収録される。
エンディングテーマは、作中のキャラクターを演じる3人によるものだ。雨宮天さんのアクア、高橋李依さんのめぐみん、茅野愛衣さんのダクネスの3人が歌う。タイトルは『ちいさな冒険者』、ハンバートハンバートの佐藤亮介さんが楽曲提供を行う中毒性のあるメロディーだ。佐藤さんがアニメの音楽を手掛けるのも今回初となる。

『この素晴らしい世界に祝福を!』は、角川スニーカー文庫で刊行されているライトノベル。暁なつめさんが原作を手がけ、イラストを三嶋くろねさんが担当する。これまでにスピンオフを含め10冊が発売され、「月刊ドラゴンエイジ」ではコミカライズも連載する人気作だ。
アニメ化にあたっては、「これはゾンビですか?」シリーズの金崎貴臣監督を起用、さらにシリーズ構成を上江洲誠が担当する。アニメーション制作はスタジオディーンが担当し、
異世界コメディに挑む。

12月23日には先行上映会「この華やかな宴に喝采を!」が行われる。登壇するのは福島潤さん、雨宮天さん、高橋李依さん、茅野愛衣さん、そしてオープニングを歌うMachicoの5名。第1話と第2話の上映、キャストのトークとオープニング主題歌ライブを予定している。チケットは12月5日から発売、価格は3600円となっている。

『この素晴らしい世界に祝福を!』
(C)2016 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば製作委員会
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集