姿をみせたVR体験 「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」がティザー映像公開 | アニメ!アニメ!

姿をみせたVR体験 「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」がティザー映像公開

ニュース

姿をみせたVR体験 「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」がティザー映像公開
  • 姿をみせたVR体験 「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」がティザー映像公開
アニメーション製作のプロダクション I.Gが、2015年11月24日にその野心的なプロジェクトの一部を公開した。同社が開発を進める新時代の映像コンテンツVR体感型アプリ『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』のティザー映像を公開した。
映像は通常HD版と360°映像版の2種類で、YouTubeにアップされている。通常HD版は長さ約1分半、草薙素子の義体が生成されていく様子をハイクオリティのCGで克明に表現している。一方360°映像版は通常HD版にさらにアクションシーンなどを盛り込んだ3分以上のたっぷりした内容だ。

ただし360°映像版は通常のPCやスマートフォンなどでみると大きな歪みのあるものとなっている。これはスマートフォンYoutubeアプリを使うことで全方位を見渡すことができるようになる。さらにAndroidスマートフォン対応の3Dゴーグルを装着れば、立体視の迫力の映像が浮かび上がる。新時代の映像が体験出来るだろう。
今後は、Oculus対応版も配信とのことだ。まだまだ数が少ないVR向けの本格映像を楽しむことが出来る。

『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』は、新しい映像表現を追求するプロダクション I.GのVR(Virtual Reality)プロジェクトの第一弾だ。プロダクション I.GはVR分野で先駆的な試みを続ける浅井宣通、高幣俊之、糸屋覚と共に未来の技術とアートをコンセプトに“SIGN”を立ち上げた。
“SIGN”の協力を得ることで、VRヘッドマウントディスプレイで楽しむ360度立体映像を制作する。この題材に選ばれたのが、プロダクション I.Gに縁が深く、また未来型テクノロジーを体現する『攻殻機動隊 新劇場版』である。本作は9月に開催された東京ゲームショウ2015のプロダクション I.Gでも紹介されたが、今回はさらにクオリティアップした。
気になる『Virtual Reality Diver』の本編であるが、今冬Google PlayとApp Storeで配信を予定している。価格はいずれも480円となる。本編ではさらに濃厚なVR体験をすることが出来るに違いない。まだ決して多くないVRコンテンツを、まず『攻殻機動隊』から体験してみるのもいいだろう。

『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』

[スタッフ]
原作: 士郎正宗
構成: 藤咲淳一
クリエイティブディレクター: 浅井宣通
キャラクターデザイン: 黄瀬和哉
企画: プロダクションI.G
監督: 東弘明

通常HD版

360°映像版
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 「攻殻機動隊」VRを体験 東京ゲームショウ初出展のプロダクションI.Gはドームシアターで大迫力 画像 「攻殻機動隊」VRを体験 東京ゲームショウ初出展のプロダクションI.Gはドームシアターで大迫力
  • 「攻殻機動隊 新劇場版」VR、東京ゲームショウ2015に上陸 制作発表会レポート 画像 「攻殻機動隊 新劇場版」VR、東京ゲームショウ2015に上陸 制作発表会レポート

特集