「ガンダムさん」がダイバーシティ東京に 壁面に大画面投影

ニュース イベント

実物大ガンダムでお馴染みのお台場・ダイバーシティ東京プラザのフェスティバル広場は、映像や光の演出を楽しめる観光スポットとして人気だ。この演出の一つが、『機動戦士ガンダム』をテーマにした「WALL-G」だ。
「WALL-G」はプラザの壁面に映像が投影され、連動する演出で、ガンダム関連のプログラムを展開する。ここに12月5日より『ガンダムさん』が投影されることが決定した。

「WALL-G」は12月5日よりリニューアルが決定し、その映像第一弾となる。『ガンダムさん』は、『機動戦士ガンダム』をモチーフとした大和田秀樹さんのギャグマンガである。2001年に登場したマンガ雑誌「ガンダムエース」の創刊号から連載をスタート、単行本は13巻まで発売している。2014年にはテレビアニメ化もし、ショートアニメとして放送された。
「WALL-G」に映る『ガンダムさん』は第1話の「坊やだからさ」からスタート、これを壁面の大画面で楽しむことが出来る。またここで初披露となるオリジナルエピソードも予定され、今までとは違ったガンダムの演出を見ることができそうだ。実物大ガンダム立像の演出は、他にも冬季限定の「実物大ガンダム立像ウィンターVer.プロジェクションマッピング」、「ガンダムGのレコンギスタFROM THE PAST TO THE FUTURE」を実施している。

新演出に連動し、ダイバーシティ内にある「ガンダムフロント東京」では新しいグッズの発売も決定した。『ガンダムさん』のTシャツやタオルを新演出の始まる12月5日より販売する。『機動戦士ガンダム』では見られない『ガンダムさん』ならではのギャグタッチなイラストグッズは人気を呼びそうだ。
ガンダムフロント東京では、他にも『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の限定シールプリント機の導入や、「はじめてのガンプラ組立体験会」の開催を予定している。今後も様々な展開が続きそうだ。

(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・MBS
《animeanime》

関連ニュース

特集